博文

目前显示的是 四月, 2018的博文

不妊症悩む人に周囲ができること

「不妊症」は具体的にはどのような症状で、どんな場合に受診したらいいのか?また、不妊に悩むカップルに対し、周囲の人ができることはあるのか?福井大医学部講師の折坂誠さん(産科婦人科学)に聞いた。歯科技工用技工機器
 不妊症とは「生殖年齢の男女が、避妊せずに継続的に性交しても、1年間妊娠しない」状態を指す。原因は▽排卵できない(全体の20%)▽卵管の詰まり(同25%)▽精子が弱い、またはない(同30%)▽不明(同25%)-で、女性のホルモン検査、超音波検査、子宮や卵管の様子をみる造影検査、男性は精子の検査などを通して調べる。歯科レントゲン
 健康体の男性でも精子の運動率が低いことがあるなど、普段の生活では気付きにくい場合も。女性は35歳以上になると妊娠しにくくなるため、体のチェックを兼ねて一度病院にかかるとよい。40歳を超えると自然妊娠の可能性が極めて低くなる。
 妊娠の予定がない若い女性でも、月経が不安定(25~38日周期でない)な場合は必ず病院へ。月経不順のまま何年も放置しているとホルモンがアンバランスになる上、子宮が萎縮することもある。「将来妊娠・出産したいと考えているなら体を整えておくのが大事」と話す。
http://teeths.fukuokablog.jp/e13544.html

はしか 軽視は危険 妊婦・流産の恐れ 乳幼児・難病発症も

沖縄県を中心に感染が広がっているはしか(麻疹)。妊婦が感染すると流産につながったり、赤ちゃんの時にかかったはしかが原因で脳にウイルスが入り寝たきりの難病になったりと、あなどってはいけない病気だ。ゴールデンウイークで人の移動が増えることから、医師や患者家族会らが感染拡大に危機感を強めており、ワクチン接種による予防を訴える。 (細川暁子) 超音波スケーラー用チップ
 国立感染症研究所によると、今年一月から四月十五日までのはしかの患者数は全国で六十七人で、二十~四十代が約八割を占める。沖縄で三月下旬、旅行に来た台湾の三十代男性がはしかと診断されたのを皮切りに患者が急増。台湾の男性からは「D8」という型のはしかウイルスが検出され、他の患者からも同じウイルスが見つかった。歯科研磨機
 四月には、沖縄に旅行した十代男性が「D8」型のはしかにかかり帰省先の名古屋市内の病院を受診。この病院で働く女性や病院にいた中学生らが感染するなど広がりを見せている。
 はしかは空気感染するため、局地的に広がるのが特徴だ。十日ほどの潜伏期間を経てのどの痛みや目のかゆみ、鼻水、くしゃみなどの症状が出る。細部小児科クリニック(東京都)の細部千晴医師は「この段階では、はしかか風邪か、診断するのは難しい」と話す。
 三八度ほどの熱が数日続き、全身に赤いぶつぶつの発疹が出る。特効薬はなく、解熱剤やせき止めなどで体の回復を待つしかない。肺炎や中耳炎などを合併することも多い。妊婦は重症化しやすく、流産や早産の原因になることも。
 最も怖いのが、乳幼児期に感染した麻疹ウイルスが脳内に入り、数年の潜伏期間を経て発症する「亜急性硬化性全脳炎(SSPE)」という難病だ。発症するのは十万人に一人程度といわれているが、徐々に脳の機能が低下し寝たきりになることもある。
 予防はワクチン接種が有効。現在は一歳と小学校入学前の計二回、定期接種を受ける。ワクチンは二回接種で免疫がしっかり付くとされているが、定期接種は一九七八年から始まりかつては一回だけだったため、二十代後半~四十代の子育て世代に免疫が不十分な人が多いとみられる。
 細部医師は、「大型連休中に感染が広がりかねない。ワクチンは、しっかり二回打ってほしい」と話す。
https://latte.la/blog/100232907

春の叙勲 佐賀県内から36人

2018年の「春の叙勲」受章者が29日付で発表され、佐賀県関係では医療や教育、人権擁護などの分野で功績があった36人が受章した。旭日章7人、瑞宝章29人の中から、4人の喜びの声を紹介する。歯科技工用技工機器
地域医療拡充に尽力 沖田信光さん  佐賀県医師会の役員を1998年度から務め、2004年度から6年間、会長の重責を担った。行政や大学医学部、総合病院と連携し、電子カルテの共有化など医療事務のインフラ整備を進める一方で、積極的に県民向けの健康セミナーを展開。健診の受診率を高めようと奔走した。歯科レントゲン
 出身は白石町。実家は江戸時代から医者の家系で、10代目。国内外の大学機関で研究生活を送り、1980年に実兄(故人)と高校の仲間で総合病院を立ち上げた。県内では珍しかった人工透析内科を置いた。
 好きな言葉はあるがままを受け入れる「如是」。「行政や住民と一体になって医療を考える時代が来た」と地域医療の拡充を訴える。佐賀市。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/post-cf62.html

医療費の窓口負担、自動調整の仕組みを―財務省が提案

財務省は25日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関、財政審)の分科会で、現役世代の負担が過度に重くならないよう、今後の人口減少や経済成長の動向などに応じて、医療費の窓口負担を自動的に引き上げる仕組みの導入を提案した。超音波スケーラー用チップ
医療費は、税金と保険料による「助け合い」の部分と、患者の窓口負担で構成される。窓口負担は原則3割だが、高額療養費制度の限度額を超えた分は、税金と保険料で補てんされており、高額な医薬品などを使うと、実際の負担割合は3割よりも低くなる。歯科研磨機
総医療費に占める税金と保険料の割合に当たる「実効給付率」は年々増え続け、2015年度は医療保険全体で84.8%に達する。今後、現役世代の人口が急速に減少すると、保険料や税金の収入が減る一方、高齢者の増加や医療の高度化によって医療費は伸び続け、「実効給付率」も上昇する。
「実効給付率」が上昇した分は、現役世代の保険料にも跳ね返ってくる。財務省側は、「実効給付率」の伸びを抑えるため、一定のルールに基づき、患者の窓口負担を自動的に引き上げる仕組みの導入を提言し、「人口減少が本格化する前に速やかに導入すべき」とした。
75歳以上が加入する後期高齢者医療制度では、現役世代の負担増の⼀部を保険料の引き上げによって自動的に調整する仕組みがあるが、同省は「後期⾼齢者の保険料負担も近年増加してきており、若年・後期⾼齢者を含めた負担全体の⽔準についても⾃動的に調整する視点が不可⽋」と指摘した。
https://latte.la/blog/100232702

五輪向け水際対策、国に要請へ 沖縄のはしか、観光業界が確認

沖縄県内の麻疹(はしか)の流行で、はしかが理由とみられる沖縄への旅行キャンセルが26日時点で1268人になるなど影響が広がっている。県内の観光関連業界でつくる「沖縄観光コンベンション推進協議会」の平良朝敬会長が、26日に那覇市内で開いた緊急会議で明らかにした。協議会はさらなる影響拡大を懸念し、業界一体となって対策に取り組むことを確認した。歯科技工用技工機器
 キャンセル数は旅行会社などの報告を受け集計したもので、25日時点より333人増。重複の可能性もあるという。協議会後に記者会見した平良会長は「問い合わせ窓口で相談し、安心して観光に来る客もいる」と述べ、適切な予防接種でリスクを減らせると強調した。歯科レントゲン
 今回の流行は台湾からの観光客がきっかけで広がっていることから「元の発生源は沖縄ではなく、全国どこでも起こり得ることだ」と指摘。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国の施策で感染症防止に取り組むよう求める方針を示した。
 県地域保健課は26日、新たに宮古島市の30代男性にはしかの感染が確認されたと発表した。県内では4年ぶりとなるはしかの感染が3月下旬に確認されて以降、宮古島での患者は初めて。患者は計71人になった。男性は11~13日に沖縄本島を訪れていたといい、本島で感染したとみられる。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/post-e49e.html

「地域密着」看護専門学校の新築落成祝う

佐賀市水ヶ江の県立病院好生館跡地に移転した、佐賀市医師会立看護専門学校の新築落成記念式典が7日、同専門学校であった。県内の医師会や自治体の関係者ら約100人が新たな場所での始動を祝った。超音波スケーラー用チップ
 同専門学校は1962年に開校。准看護師を目指す看護高等課程(2年間)と看護師を育成する看護専門課程(3年間)を設置する。新校舎ではすでに、今年度新入生160人を含めた400人の学生が学ぶ。歯科研磨機
 式典では、上村春甫学校長が「新校舎でも地元に貢献できる人材を育成したい」とあいさつ。山口祥義知事が「これまでの卒業生のうち88%が県内で就職し、地域密着の教育を実践している。新たなスタートとして、県としても支援していきたい」と祝辞を述べた。
 学校建物内には、佐賀市兵庫北から移転する休日夜間こども診療所と休日歯科診療所を併設。また、好生館跡地には学校北側に、健診施設などが入る「佐賀メディカルセンター」がある。
https://latte.la/blog/100232639

他病院の協力も得て、洗浄清浄度と安全性を確認

今回開発されたケディクリーンは、超音波洗浄のみで汚れの完全除去が可能で、事前洗浄と汚れのブラッシング除去が必要ない。さらに、鋭利な医療器具にメッシュ容器への投入・取出しなどで直接触れる必要がなく、高い清浄効果が得られる。また、ケディクリーン TZKをベースにしたWD用無泡性洗浄剤であるケディクリーン EXを開発したことで、より幅広く洗浄機への対応が可能となった。歯科技工用技工機器
同洗浄剤の開発にあたっては、歯科生体材料学分野と共同研究を行い、洗浄対象材料への影響がないこと、洗剤の残渣のないこと、洗浄機の構成材料への影響がないことなど、多角的な調査を行い、データを蓄積。約3年を経て今回の販売に至った。その上で、洗浄剤の清浄度や洗剤残渣評価測定は、宮城県産業技術総合センターにおいても実施したという。また、東北大学病院での試用評価から全診療科の器具洗浄評価で良好な結果が得られたことから、ケディクリーンTZKは2016年12月より、ケディクリーンEXは2017年8月より定常使用している。さらに、同大病院での実績を基に、仙台市立病院、宮城県立がんセンター、他病院の協力を得て、WDと超音波洗浄機の洗浄評価を行い、洗浄清浄度と安全性を確認しているという。歯科レントゲン
同製品は、開発段階から宮城県内の病院での歯科洗浄剤ニーズや各社WDの使用状況調査を行い、製品化に協力している医療商社のシバタインテックが販売する。さらに、現在開発中の製品もあり、同大病院内で検証を続け、さまざまな用途に応じた製品を充実させていく予定としている。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/60-7fbd.html

MPCポリマーは様々な産業での応用が可能

目下、切通さんは医療機器の中でも防汚性、防曇性などを求める製品へ展開し、事業の足場を固める 超音波スケーラー用チップ
 切通さんは、人の体内に留置して損なわれた臓器の役割を補う医療機器と生体を機能的につなぐ「人工細胞膜」に新たな技術を見出し、大学や企業との共同開発や受託研究に力を入れる。歯科研磨機
 人工股関節や人工心臓、人工血管などの体内に留置する医療機器は、けがや病気により損なわれた身体機能を補うために活用される。
 「今や、生体とデバイスが機能的につながる時代です。医療機器そのものの機能は非常に優れているものの、生体との接続部位で生体反応が生じることにより、その機能を生かし切れていない」
 「生体と機器の間の界面に課題が残されているため、患者は我慢して医療機器を受け入れているのが現状と捉えています」と切通さん。
 「機械と人との機能的な融合を実現することで、医療機器の課題を解決したいと考えています」と意欲的だ。
 「生体との親和性が高いので様々な医療機器に応用できるのですが、まずは事業の足固めをするため、開発しやすい分野から展開していきます」と、事業分野の選択には慎重な切通さんだ。
https://latte.la/blog/100232554

Fラン歯・薬学部バカ高学費でも食えない

卒業後に国家試験を取得すれば十分に安定した収入が見込まれる歯学部・薬学部の学生。ところが、昨今は“定員割れ校”や“Fラン校”の存在が指摘され、高い学費を投入したにもかかわらず国家試験に合格できない学生も多い。「歯科医師、薬剤師の数が過剰でいずれ食べていけなくなる者が出るリスクもある」と医師の筒井冨美氏は語る。獣医学部を含む医療系ライセンス学部の将来展望やいかに――。根管治療機器 ■30倍の人気 加計学園・獣医学部の学生の「暗雲」 3月に入り、2018年の医療系国家試験の合格発表があった。歯科技工用技工機器
●医師国家試験の合格率は90.1%、学校別合格率は77~99% ●歯科医師国家試験の合格率は64.5%、学校別合格率は24~95% ●獣医師国家試験の合格率は88.3%、学校別新卒者合格率は94~100%
(2018年薬剤師国家試験の発表は本稿公開後の3月27日にあり、合格率は70.6%、学校別合格率は35~98%だった)
2018年2月、大騒動の末に認可された、岡山理科大学獣医学部(愛媛県今治市)の初年度一般入試が行われた。いわゆるモリカケ騒動の加計学園のほうである。「利権まみれの田舎の私大」「どうせFランでしょ」といった下馬評をよそに、推薦入試が約30倍、一般入試が21.5倍という超人気ぶりだった。
マンガ『動物のお医者さん』の大ヒットや、近年の資格取得の実学志向を反映して、獣医学科の人気は高く、国公立大学だとセンター試験の得点率が80%以上でないと合格できない難関である(センター試験全体の平均は例年60%強、医学部は85%程度と言われる)。
私大でも6年間で1200万~1500万円という高額の学費にもかかわらず偏差値60以上のまま高止まりしており、岡山理科大獣医学部の入試偏差値も同レベルになると予想されている。
獣医学部は30年以上の間、政策的によって毎年の国内総定員を930名に固定されてきた。文部科学省も農林水産省も長らく「獣医の中でも家畜臨床や公衆衛生分野は人手不足が深刻だが、都市部の小動物臨床(いわゆるペット用動物病院)は余っている」として「総数は足りている」「偏在しているだけなので定員増は不必要」という判断で、学生数を抑制していた。獣医師界も定員抑制政策に協力しており、獣医学部の新設についても2010年に日本獣医師会として公式に反対声明を出している。
http://te…

気づいてあげて! ストレス過多で体が出しているSOSサイン6つ

【サイン1】虫歯 虫歯とストレス、一見なんの関係もないように思えますが実は深い関係がありそうです。日中大きなストレスを感じていると、夜寝ている間に歯ぎしりとなって表れることがよくあります。これがやがて歯痛や虫歯の原因になってゆくと考えられます。超音波スケーラー用チップ そのまま放置しておくと歯が弱くなって抜けてしまう事態にもなりかねません。大人になっての歯ぎしりはパートナーとのケンカにもなりやすいので、早めに歯科医に相談してみましょう。歯科研磨機
【サイン2】目、首まわりや肩のけいれん 長時間デスクワークで座りっぱなしだったり、モニターとにらめっこだったりすると、時々、目・首まわりや肩の筋肉がピクピクとけいれんすることがありませんか。じつはこれも筋肉の酷使で身体的ストレスがたまっているSOSサインなのです。 目が疲れているようなら、20分おきに席を離れて遠くにあるものを眺めたりして“ストレッチ”をしてみて。首まわりや肩のけいれんには、深呼吸を5回から10回ほど繰り返して緊張をほぐしてあげるのが◎。
https://latte.la/blog/100232506

全国の歯科訪問診療サービスを集めた情報サイト高齢者の“口から食べる”を支えるために『おうちで歯科』サービス開始

株式会社LIFULL(ライフル)(旧社名:株式会社ネクスト、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、在宅高齢者向けに自宅で歯科訪問診療・往診を行う歯科医院を集めたポータルサイト『おうちで歯科』のサービスを開始しました。歯科技工用技工機器
『おうちで歯科』とは、ご高齢やお身体が不自由などの理由で、歯科医院に通う事が出来ない方が、おうち(自宅、入居中の施設など)で診療を行う歯科医院を探せるサービスです。歯科レントゲン
近年、誤嚥性肺炎の増加などにより介護の現場等でも口腔ケアの重要性が認知されるようになってきました。高齢者の口腔ケアはお口からの病気予防だけではなく、重症化の抑制、全身の健康維持、健康寿命の延伸といったQOL(生活の質)向上のためにも必要です。
現在、介護サービス受給者総数の約70%にあたる年間累計3,456万人(※)を含む、多くの高齢者が居宅サービスを利用していますが、一般的な介護サービス以外の情報を探すことは容易でなく、多くの方は「訪問歯科の存在」「口腔ケアの重要性」を知らないという現状です。
LIFULLでは、自宅に来てくれる歯科医を必要としている方に、適切な情報を提供し、高齢者の“口から食べる”を支えたいという想いから、歯科訪問診療の情報サイトを立ち上げ、サービスを開始することにしました。
なお、本サービスは、新事業の立ち上げを目指すフィジビリティプロジェクトの中でスタートしています。コーポレートメッセージに掲げる「あらゆるLIFEを、FULLに。」の実現に向け、世の中の様々な不安・不満・不便を解消し、あらゆる人々の人生と暮らしをより豊かにするサービス開発・提供を行ってまいります。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/post-2d8f.html

業界初!歯科学生が歯科医院でインターンする「OneDental インターン」が完全リニューアル

株式会社Dentability 歯科学生に新しいキャリア形成を提案する歯科医院インターン紹介サービス 超音波スケーラー用チップ
 株式会社Dentability(本社:東京都千代田区、代表取締役:松岡 周吾)は、株式会社トーコンマーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役:荻谷 淳)と共同で、歯科学生に特化した歯科医院インターンサービス『OneDental インターン』を、2018年3月に全面リニューアルして公開しました。歯科研磨機
OneDental インターンは、歯学部生・歯科衛生士学生の歯科医院への「インターン」を支援します。これまで歯科業界には「インターン」の文化がなく、業界初のサービスとなります。
https://latte.la/blog/100232417

歯科の関わりは、頭頸部のがんだけではない

全身麻酔手術では気管内にチューブを挿入するが、口の中の汚れが肺に押し込まれると肺炎の原因になる。抗がん剤治療をすると、口の中が荒れて食事が取りにくくなるほか、抵抗力が落ちて虫歯や親知らずなどから菌が入り込み、命に関わることもある。歯科技工用技工機器
 院内歯科が置かれる前は、手術前に歯科治療の必要性の高い患者だけ近隣の歯科医院に行ってもらっていたが、予約や治療に時間がかかると、がん治療の開始が遅れる要因にもなっていた。「一番不利益を被るのは患者さん。口が原因でがん治療が止まることはあってはならない」と石橋副部長は話す。歯科レントゲン
 センターの看護師は独自に口腔ケアを学んで対応してきたが、2013年にオーラルケアチームが置かれ、看護師、薬剤師と非常勤の歯科衛生士が週1回、肺炎のリスクの高い患者や放射線治療を受けた患者らの病棟巡回を始めた。歯科設置後は、巡回の情報を担当医や石橋副部長も共有し、医科と歯科の連携に万全を期す。
 地域の歯科医との連携にも力を入れる。石橋副部長によると、医科と歯科では、それぞれでは当たり前の略語が通じなかったり、文書だけでは依頼の意図がうまく伝わらなかったりすることがあるという。「在宅に移行した患者を診る地域の歯科医と、病院の医師の橋渡しが必要。つなぐのが病院歯科の役割だ」と話す。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/ai--3727.html

健康推進、草の根で食育

また食塩削減には約3600人の健康推進員の存在が欠かせない。県内各地の公民館で減塩料理の講習会を開催。家庭に出向き味噌汁の塩分を測定した。こうした運動で県民の理解を進めた。現在は野菜摂取拡大に力を入れている。超音波スケーラー用チップ
 たばこや食塩など危険因子への対応は効果はある。これが長寿への直接的な要因とすれば、間接的な分野でも異彩を放っている。
 滋賀医科大の三浦教授が注目するのはボランティアへの参加率。滋賀は1位だ。特にまちづくりのための活動が盛んだ。「積極的に地域との関わりを持つことで生活習慣も良くなる」と指摘する。歯科研磨機
 スポーツへの参加も盛んだ。三浦教授は「日本一広い琵琶湖が真ん中にあり、周辺は公園も多く運動しやすい環境がある」とみる。
 他に何か滋賀ならではの秘密はないのか。見つけたのが近江八幡市に伝わる不老長寿の果実「ムベ」伝説だ。この地で天智天皇が健康的な老夫婦に出会った。夫婦は長寿の秘密としてある果物を差し出した。一口食べた天皇は「むべなるかな(もっともだ)」と発したと言い伝えだ。
 ムベはアケビ科の一種で秋に実がつく果物。「前出のむべ家」(近江八幡市)ではムベを原料にしたソーダ飲料やワイン、アメなどの加工品を販売している。
 さらにこんなデータに出くわした。人口10万人当たりの飲食店数だ。滋賀は46位。店が少ない。ただ裏返せば家庭でバランスの良い食事をする機会が多いことになる。結果として健康につながるわけだ。
 男性だけではない。女性の平均寿命も伸び、15年は4位だ。衛生科学センターの井下所長は「男女とも長寿日本一になるのも夢ではない」とみる。県では「環境要因が長寿にどう関係するのか、滋賀大学に分析してもらっている」(健康寿命推進課)。5月上旬にまとめ、ホームページで公開する計画だ。
 禁煙し、食塩と脂肪の取り過ぎに注意する。そして適度な運動。言うは易(やす)く行うは難しだが、滋賀に住んでいるのを機に実践したいものだ。
https://latte.la/blog/100232240

日立と東京医歯大 AIでリウマチ早期発見

日立製作所と東京医科歯科大学は19日、潰瘍性大腸炎やリウマチなど難病の早期発見を進める連携協定を結んだと発表した。患者の症状や検査結果を集めて人工知能(AI)で解析するなどして、必要な検査や治療をできるだけ早く始めるのが狙い。日立はAIや、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を駆使した医療機器などの開発につなげる。歯科技工用技工機器
 同日午前に東京医歯大(東京・文京)で開いた記者会見には、同大学の吉沢靖之学長と日立の渡部真也ヘルスケアビジネスユニット最高経営責任者(CEO)が出席。渡部CEOは「互いの強みを生かし、世界トップクラスの研究事業を進めたい」と話した。歯科レントゲン
 日本では高齢化や医療技術の進歩に伴い、医療費が増えている。潰瘍性大腸炎やリウマチ、パーキンソン病などの難病は国内に約50万人の患者がいるが、町の診療所などで他のありふれた病気だと判断され、必要ない検査や効果が無い投薬を患者が受けている可能性がある。
 日立と東京医歯大は診療所で問診した患者の自覚症状や磁気共鳴画像装置(MRI)、コンピューター断層撮影装置(CT)を使って撮影した患部の画像などをAIで解析したり、IoTで東京医歯大へ送って専門医が診断に使ったりするシステムを構築。難病の早期発見や治療につなげ、医療費抑制を目指す。
 東京医科歯科大が蓄積してきた難病研究の成果と、日立の画像技術などを持ち寄る。日立は難病発見に役立つ医療機器などを開発し、事業化を目指す。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/post-7b3f.html

「健康事業所」1000社達成 協会けんぽ福島支部

全国健康保険協会(協会けんぽ)福島支部と県が取り組む「健康事業所宣言」の参加事業所が3月末で1025社となり、目標の1000社を超えた。福島支部が18日、県庁で記者会見して発表した。超音波スケーラー用チップ
 県と連携した啓発活動が奏功して県民の健康意識が向上し、参加増につながったとみている。新たな目標として、2018(平成30)年度内に宣言参加事業所を1200社に増やしたい考え。県内の協会けんぽ加盟事業所の8割超を占める従業員10人未満の事業所を中心に参加を促す。県と連携し、宣言参加事業所を対象とした新たな認定制度の導入を目指す。歯科研磨機
 斎藤博典支部長は「歯科検診やメンタルヘルスなどに取り組む事業所への支援を拡充し、宣言参加事業所数を増やしたい」と述べた。
 健康事業所宣言は働く人の健康づくりを目指す事業で、事業所が従業員の健康診断や生活習慣の改善を進め、協会けんぽが取り組みを支援する。
https://latte.la/blog/100232047

小規模医療機関向けと市販薬事業は好調?

ただ、アマゾンは医療事業の拡大を完全に諦めたわけではないとも伝えられている。報道によると、同社は将来、処方薬販売の分野に進出したい考え。また、同社には「1492」と呼ぶ、秘密の医療技術開発チームがある。ここで、電子カルテや遠隔治療などの研究を行っているほか、AI(人工知能)スピーカー「Amazon Echo」用の医療アプリの開発も行っていると、CNBCの別の記事は伝えている。歯科技工用技工機器
 一方、Amazon Businessは、すでに、歯科医院や診療所など、小規模医療機関に向けたeコマース事業を展開している。同社はそのための免許を米47州と首都ワシントンで取得。現在、血糖測定器や聴診器、注射器、ガーゼ、医療用手袋などを取り扱っている。歯科レントゲン
 このほか、アマゾンは昨夏、「Basic Care」と呼ぶ、市販薬のプライベートブランドを密かに立ち上げたとCNNが伝えている。米国サイトには、このブランドの専用ページがある。アマゾンはここで自社ブランドの解熱・鎮痛剤、消化薬、アレルギー薬、発毛剤などを販売している。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/post-45ea.html

アマゾン、医薬と医療機器にチャレンジ

米アマゾン・ドットコムのロゴ。ニューヨークの記者会見場にて(2011年9月28日撮影、資料写真)。(c)AFP/Emmanuel Dunand〔AFPBB News〕
 米CNBCの報道によると、米アマゾン・ドットコムは、医薬品などを病院に販売する事業を立ち上げる予定だったが、このほど、計画を断念した。超音波スケーラー用チップ
「Amazon Business」の医療分野を拡大へ  同社が米12州で、医薬品卸売り販売の認可を受けたと伝えられたのは、昨年(2017年)の10月(米ニューヨーク・タイムズの記事)。これにより、医薬品販売業者の株価が軒並み下落するといった事態が起きたが、今回の報道を受けて、株の買い戻しが見られたという。歯科研磨機
CNBCによると、アマゾンが医薬品販売事業を断念した理由は、この分野への参入が、予想していたよりも困難だと分かったから。
 アマゾンには、「Amazon Business」と呼ぶ、法人向けeコマースサービスがある。同社は、この事業の一環として、病院などの規模の大きな医療機関に向けて、医薬品や医療機器を販売するビジネスを検討していた。そのため、大手病院の幹部などを招き入れたアドバイザリーボードを設置するなどし、計画を進めていたという。
https://latte.la/blog/100231973

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

姉妹漫才コンビ、海原やすよ・ともこと友近がこのほど、24日スタートのカンテレの新番組「やすとも・友近のキメツケ! ※あくまで個人の感想です」(火曜午後7時57分、関西ローカル)の会見を行った。歯科技工用技工機器
 ゲストと「オンナのキメツケ」を好き勝手に楽しく話すトークバラエティー。会見は女子会のノリで職業のキメツケトークに発展した。歯科レントゲン
 友近が「歯科助手の人はコンパ率が高い」と話すと、やすよ、ともこも「あ〜」と納得の表情。看護師の衣装トークでは、ともこが「医院長の先生の趣味っていうよね。ピンク系かブルー系か白系か。ミニがひざ下か」と個人の感想を話した。
 やすよも看護師トークの参戦。「先生が看護師さんから普通にガーゼもらっているだけやのに『えっ!』、何かできているんちゃうか。こんなに息はぴったりなんて…。子どものころに勝手に想像した」。
 同番組はやすともと友近が17年に出演したトークバラエティー特番のレギュラー化。カンテレが火曜午後8時台に関西ローカルの番組を自社制作するのは57年ぶり。初回のゲストは天童よしみら。
 ともこは「大阪発のトークの面白さ。大阪っぽい空気感がある番組にしたい」と意気込んだ。友近も「ゲストには普段、東京では言わないけど、ここではついつい言ってしまう。そんな番組にしたい」と抱負を語った。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/post-6ffc.html

「ガム歯周プロケア ソフトピックカーブ型」新発売

サンスターグループオーラルケアカンパニー(以下サンスター)は、歯周病菌とたたかう「G・U・M(ガム)」ブランドより、奥歯に届きやすいカーブ型でゴムタイプの「ガム歯周プロケア ソフトピックカーブ型」サイズSS~Mを、2018年3月26日(月)より全国で新発売します。超音波スケーラー用チップ
 また、従来から販売し、ご好評いただいていたガムソフトピックカーブ型サイズSSS~Sは、この度、ガム歯周プロケアシリーズとして名称及びパッケージを変更、同日に改良新発売いたします。歯科研磨機
 「ガム歯周プロケアソフトピックカーブ型」は、歯とハグキにやさしいゴムタイプで奥歯に届きやすいカーブ型の歯間ブラシで、歯周病の原因菌のすみかである歯周プラーク(歯垢)をやさしく、効果的にかきだします。また、研究を重ねた最適なカーブ形状は、奥歯の歯間へ挿入しやすく、消費者調査でも、約70%※の方が奥歯への入りやすさを実感しています。
 今回は、お客様より「もう少し大きいサイズがほしい」とのご要望を多数いただいていたことを受け、従来サイズのSSS~Sに加え、新たにSS~Mをラインナップに追加し、歯間の大きさに合わせてお選びいただけるようになりました。サンスターは今後も、ハブラシでのブラッシングに加え、効率的な歯周プラーク除去のため、歯間ブラシの併用を促進してまいります。
https://latte.la/blog/100231938

妊婦歯科健診 対象を拡充

市は4月から全妊婦を対象にした「無料歯科健康診査」を開始した。これまでは初産の妊婦に対し行っていたサービスだったため、対象者が大幅に拡充したことになる。市と協力する「海老名市歯科医師会」は「妊婦時期の口腔内管理は重要。むし歯等の悪化や早産等の予防にもなる」と話す。歯科技工用技工機器
 妊娠期は女性ホルモンに変化がおき、歯肉が炎症を起こしやすくなるだけでなく、つわりによる歯磨き不足で口内が不衛生になりやすいため、むし歯や歯周病にかかりやすくなるという。また、母親のむし歯菌が赤ちゃんに感染する可能性や、重度の歯周病により早産・低体重児出産のリスクを高める可能性があるため、母親が進んで口内を清潔に保つことが重要となる。歯科レントゲン
 これに対し市はこれまで、妊娠5カ月から8カ月で初産の母親と父親を対象にした講話・実習教室「すこやかマタニティスクール」の利用者を対象に、無料の妊婦歯科健診の案内を行っていた。一方で市内の年間出産数は約1000件あるため、初産かつ同スクールに通う人だけでなく、2人目以降の出産時にも適用できるようにと、4月から対象を”すべての妊婦”に拡充し、サービス提供を始めた。
 対象となるのは受診当日に海老名市内に住民登録のある妊婦で、妊娠中に1回無料受診することができる。受診推奨期間は妊娠12週から27週が目安とされているため、27週以降の人は主治医に応相談。希望者は、母子健康手帳・保険証・妊婦歯科健康診査受診券を持参し、市が委託する指定歯科医療機関に予約の上受診を。指定歯科医療機関以外での受診は全額自己負担となる。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/post-77b7.html

FDIの白書と解説書が歯周病の世界的負担に対処

FDI世界歯科連盟(World Dental Federation)は、歯周の健康に関心を向けることを目的とするグローバル歯周健康プロジェクト(GPHP: Global Periodontal Health Project)の一環として、白書と解説書の2つの資料を公開しました。超音波スケーラー用チップ
FDI会長のキャスリン・ケル博士は、次のように述べました。「歯周病は歯茎の病気として知られていますが、世界の成人人口の50%が侵されている非常に一般的な病気です。他の健康状態と深い関係があることが分かっていますから、これは侮れません。口腔衛生と全般的健康の専門家が同様に奨励する予防戦略を進めなくてはなりません」 歯科研磨機
 口腔衛生と全般的健康のための歯周病の予防と管理に関する白書(White Paper on Prevention and Management of Periodontal Diseases for Oral Health and General Health)は、歯周病の世界的有病率と影響に関連した主な問題点の包括的ながら簡潔な概要を口腔衛生の専門家に提供します。また原因論と病因論、この病気の予防、診断、治療を取り上げるほか、歯周病の負担に取り組む際の重要な課題を明らかにしています。
https://latte.la/blog/100231772

乳児や親 予防接種を はしか拡大で医師、対策呼び掛け

沖縄県内で猛威を振るっている麻疹(はしか)。最初の患者からうつった人が、さらに周囲の人に広げてしまう「三次感染」が始まっている。感染者は成人が主だが、最近は乳幼児の発症も目立っており、県や「はしか“0”プロジェクト委員会」が流行を食い止めようと対策を強く呼び掛けている。歯科技工用技工機器
 「最初のピークは越えた。二次感染が起点になり、さまざまなところで患者が発生する段階に来ている」。県保健医療部の糸数公保健衛生統括監が険しい表情で語った。11日、はしか“0”プロジェクト委員会との共同記者会見では、県民にはしかへの理解を求めることが強調された。歯科レントゲン
 沖縄では1998~2001年にはしかが流行し、乳幼児9人が死亡した。当時は予防接種率が6~7割と低かったことが一因とみられる。事態を深刻に受け止めた小児医療関係者らが01年に立ち上げたのが、はしか“0”プロジェクト委員会だ。これまで予防接種の推進などを行ってきた。
 感染が判明した0歳~50代の男女38人を見ると、30代が10人、40代と20代がそれぞれ7人で成人が多い。ただ、今月に入り親やきょうだいから幼児に感染した例が確認されている。
 会見では、同委員会委員長の具志一男医師が緊急アピール文を読み上げ。6カ月~1歳未満の乳児や、医療従事者や学校関係者、乳児の保護者、観光関連の仕事に就いている人などへ接種を勧めた。かかった場合には、熱が下がってから3日過ぎるまで自宅で療養することも求めた。
 県立中部病院感染症内科・地域ケア科の高山義浩医師は、感染が疑われる場合は公共交通機関の利用を避けることなどの注意点を挙げた。具志委員長は「一人一人が予防や感染拡大防止を理解して対策するようお願いする」などと述べた。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/post-685d.html

子どもたちは十分早期に歯科検診を受けていない-FDIの国際調査で判明

【ジュネーブ2018年3月20日PR Newswire=共同通信JBN】世界オーラルヘルスデー(WOHD)に際し、FDI世界歯科連盟(FDI World Dental Federation)は世界中の親に対し、どのようにわが子の口腔衛生の世話をしたか質問したが、その回答は改善の余地を示唆するものであった。健康な口腔を維持することは、その正しい機能を保ち、総体的な健康と幸せを維持するために極めて重要である。超音波スケーラー用チップ
10カ国で実施した調査によると、18歳以下の子どもを持つ親のわずか13%しか、歯科初診の推奨年齢である1歳の誕生日以前に子どもを歯科医院に連れて行っていない。多くの親は1-3歳(24%)か4-6歳(22%)の時に子どもを初めて歯科に連れて行っているが、20%の親は子どもを歯科診察に連れて行ったことがないと報告している。歯科研磨機
FDI会長のキャスリン・ケル博士は「大半の子どもが推奨年齢時に歯科診療を受けていないと知って懸念している。口腔衛生の良い習慣は早く始める必要がある。幼児の虫歯進行リスクを回避する予防措置として、子どもの最初の歯が生え始めたら歯科を訪問すべきである。口腔疾患は生活のあらゆる面に影響を与え、多くの総体的健康状態に関係している。この世界オーラルヘルスデーに、われわれは人々が自身の口腔衛生と総体的健康を関連付け、一方が他方に与える影響を理解してほしいと思う。あらゆる年齢の口腔と身体を守る方法を知ることは、生活の質向上に寄与する」と語った。
わが子を歯科に連れて行った親の半数(50%)は、その理由を通常の歯科診察と説明している。しかし、これは英国(82%)、スウェーデン(77%)、アルゼンチン(65%)、フランス(63%)、米国(63%)、オーストラリア(56%)、中国(34%)では最も多い回答だったものの、エジプト、フィリピン、モロッコでは多くが子どもの口腔の痛みや不快感を歯科に行った理由に挙げている(それぞれ56%、43%、38%)。
https://latte.la/blog/100231574