博文

目前显示的是 三月, 2017的博文

乳歯は永久歯に生え変わるから虫歯になっても大丈夫?

图片
どーせ生え変わるし乳歯の虫歯は放置?

永久歯よりも柔らかい乳歯はしっかりと歯磨きをしないとすぐに虫歯になってしまいます。ましてや進行しやすくとても厄介です。子供の幼少期の虫歯は親の責任ですから、しっかりと親が”仕上げ磨き”をしてあげましょうね。口腔内照明器

でも、ずっと乳歯のままではなく永久歯に生え変わりますよね?”生え変わる”わけで、歯が新しくなるわけだから虫歯のままで放置していても大丈夫なのでしょうか?

答えはもちろん『ノー』です。幼少期に虫歯になってそのままにしていると、虫歯になりやすい口内環境になってしまいますアマルガムミキサー 。虫歯菌が口の中に定着してしまうと除去することが難しいので、その後の人生ずっと虫歯になりやすくなってしまうかも??

永久歯はいきなりポンって出来上がるわけではなく、乳歯の下で徐々に形成されます歯科用切削研磨セット 。その形成している最中に乳歯が虫歯になって、進行して歯髄にまで達してしまうと永久歯が形成不全を起こしてしまう可能性があります。
この永久歯の形成不全の影響により、もしエナメル質が形成不全だと、エナメル質が薄かったりして永久歯が虫歯になりやすくなってしまったり、歯の色もなんだか普通とは違ったりします。ちなみに永久歯の形成不全は必ずしも乳歯の虫歯が原因とは言えず、先天性の理由もある場合もあります。

『三つ子の魂百まで』と言いますか、やっぱり幼少期から歯のメンテナンスをしっかりしている子は習慣になっているので大人になってもずっと口腔内を綺麗にしていくと思います。逆に幼少期に虫歯の人は、その後も口腔内が汚いという印象があります。
私事ですが、筆者自身も人の親です。しっかりと歯磨きの教育をしていかなくてもいけませんね。

関連記事
虫歯が痛い時にやってはいけないコト

歯ブラシだけはNG!!フロスの重要性

图片
歯ブラシだけでは虫歯予防は不可能なのか?

皆さんは日々の歯磨きの時、歯ブラシによるブラッシングだけでなくデンタルフロスを使っていますか?欧米では半数以上の方がデンタルフロスを使っているというのに日本人の使用率は僅か2割程度エアモーターセット 。今回はデンタルフロスの重要性について書きます。

歯ブラシの毛先だけでは、どう頑張っても歯の隙間に入り込んだ歯垢をかき出すのは難しいです。実は歯ブラシだけでは歯垢が約60%ほどしか取れないと言われています歯科技工用真空成型器 。しかし、デンタルフロスなら歯の隙間に入り込んだ歯垢をかき出すことが可能で、なんと約80%の歯垢を取り除くことができるのです。歯科手術用照明LEDライト
毎日歯を磨いているのに口臭が気になる、虫歯になるという方は歯間の歯垢がうまく取り除けていないのかもしれません。
人は生後6ヶ月頃から徐々に歯が生えてきますが、実はその頃からデンタルフロスを使うべきだという歯科医もいます。
今までデンタルフロスを使ってこなかった方、是非使ってみて下さい。


関連記事
糖尿病と歯周病

糖尿病と歯周病

图片
糖尿病になると血糖が増え、それが合併症を引き起こす原因になりますが、高血糖の影響は口の中にも現れます。口腔(こうくう)内に起こる合併症では、歯肉が侵される糖尿病性の歯周病があります。

 口の中が清潔に管理されていない歯周組織は、すでに歯肉の炎症を起こしていることが多く、それが糖尿病によって助長された状態を糖尿病性の歯周病と呼びます。

 歯は歯周組織によって支えられています。歯科手術用照明LEDライト 歯周病はこの歯周組織が細菌によって炎症を起こしたり、顎の骨が破壊される病気です。血管の障害のため、白血球の機能低下を起こして治癒力が弱まり、歯周病が悪化します。一方の糖尿病も同様の合併症を起こすために、糖尿病で歯周病に悩む人は多いのです。

 糖尿病は血管壁の柔軟性が失われ、白血球の機能低下、コラーゲン合成機能の低下などの重大なトラブルが見られます。歯科レンチ式そのため歯周組織の破壊が進みやすくなり、また治るのも遅れがちになります。

 歯周病の悪化防止のためには、食事や生活習慣に留意して糖尿病を進行させないことや、口の中の清潔を守ることが重要です。糖尿病も歯周病も同時に治療して、健康を保つよう心がけてください。