春の叙勲 佐賀県内から36人

 2018年の「春の叙勲」受章者が29日付で発表され、佐賀県関係では医療や教育、人権擁護などの分野で功績があった36人が受章した。旭日章7人、瑞宝章29人の中から、4人の喜びの声を紹介する。歯科技工用技工機器

地域医療拡充に尽力 沖田信光さん
 佐賀県医師会の役員を1998年度から務め、2004年度から6年間、会長の重責を担った。行政や大学医学部、総合病院と連携し、電子カルテの共有化など医療事務のインフラ整備を進める一方で、積極的に県民向けの健康セミナーを展開。健診の受診率を高めようと奔走した。歯科レントゲン

 出身は白石町。実家は江戸時代から医者の家系で、10代目。国内外の大学機関で研究生活を送り、1980年に実兄(故人)と高校の仲間で総合病院を立ち上げた。県内では珍しかった人工透析内科を置いた。

 好きな言葉はあるがままを受け入れる「如是」。「行政や住民と一体になって医療を考える時代が来た」と地域医療の拡充を訴える。佐賀市。

评论

此博客中的热门博文

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

診察報酬水増し請求、歯科医を再逮捕 京都府警

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山