博文

自分の適性見つめて後悔ない大学選びを

仮面浪人の利点は、第1志望校の勉強に集中できる点。第1志望校に不合格だった場合のことを考えて併願校の対策をする必要がないためだ。一方、その大学に通い続けることになった場合に、仮面浪人期に友人関係やサークルを犠牲にしたせいで大学生活を謳歌(おうか)できないという欠点もある。ホワイトニング機器
 河合塾本郷校の青木校舎長によると、毎年本郷校の生徒の約1%に当たる5、6人が、大学を休学し入塾する。入学式後や前期の授業が終わった後に決心するようだ。歯科根管治療用
 仮面浪人の理由には、受験校の調査不足や就職を見据えた現役志向などがあるようだ。取れると思っていた資格が実は取れなかった、現役で入れる不本意な大学に入ってしまったなどのケースである。「まずは自分自身で納得のいく大学選びを」と青木校舎長は言う。
 それでも、入った大学に違和感を持ったのであれば籍を置いたまま他大受験を目指す道もある。青木校舎長も昨年度、通っていた国立大学を休学し、東大を目指して見事トップの成績で東大への合格を果たした受験生を見てきた。「挑戦を続けている受験生はたくさんいます。悔いのない大学選びをしましょう」
http://athena32.blog.jp/archives/12361925.html

東大不合格が分かってすぐ仮面浪人を決意した

中1から東大専門塾に通っていたため東大以外の大学への進学が親にも申し訳なく、自分を変えようと最も大変だと考える道を選んだ。親にも仮面浪人は伝えた。根管治療機器
 仮面浪人中は教科ごとに時間を決めて勉強。4月以降基礎的な参考書を用いて不正解の問題を洗い出し、夏からは現役時代の塾のテキストや過去問を用いた。11月からセンター試験対策に取り掛かり、センター試験後はそれまでの復習。東大型模試は全て受けた。大学図書館にこもり勉強したが、合間に必修の授業に出席し好成績を修めた。歯科技工用技工機器
 クラスの人に仮面浪人を隠すことには苦労した。「仮面浪人」=「自分の選んだ大学を蹴ろうとしている」であり、気分の良いものではないと思っていた。
 仮面浪人を経験して良かったことは、全力を尽くせば自分でも難しいことに粘り強く取り組めると思えるようになったこと。多くの人に支えられていると再確認できたこと。それから、東大を選ぶ理由を見つけられたこと。ずばぬけて博識な人や、賢い人がいるのは東大だと思ったという。
 「やはり一番に感謝すべきは両親だと思います」と長谷川さん。私立大学での仮面浪人は金銭面の負担も大きい。自分の選択を理解し応援してくれた両親と、当時の自分の努力に恥じないよう頑張るというのは、大学生活を通して長谷川さんの軸になっている。
https://ameblo.jp/luccye/entry-12407941041.html

患者さんが歯科医院でよく見かけるスタッフには

歯科助手の人もいますが、こちらは歯科診療の準備や診療の補助、受付事務など一般的な雑務を行う業務です。国家資格や法律などで特に定義、分類されているものではありません。ホワイトニング機器
 当然、患者さんの口の中に直接触れることはできません(一部の歯科医院では歯科衛生士の仕事をやらせているところもあるようですが、それはNGです)。
 実は歯科医師も歯石の除去をはじめとするクリーニング、歯みがき指導など、歯科衛生士がやることはすべてできることになっています。では、なぜ役割分担をしているのでしょうか。
 一番の理由は、こうした処置のスキルは歯科医師よりも歯科衛生士のほうが断然、高いからです。歯科根管治療用
 実際、私たち歯科医が歯学部で学んだ時間の何倍もの時間、彼女たちは養成機関でクリーニングや歯みがき指導を学び、経験を積んできています。
 患者さんにとっても専門性の高い歯科衛生士に施術をしてもらうことで予防効果が上がるので、メリットは大きいのです。
 そして、その分、歯科医師は治療に専念でき、互いが得意な仕事に従事することで、よりよい治療ができます。例えば入れ歯やかぶせ物などの補綴(ほてつ)物を作る際に、歯科医師が歯の型取りをします。型が合うかどうかはミクロン単位の違いがあり、このとき出血があると正確な型が取れません。
 そこで歯科衛生士に歯や歯ぐきをきれいにしてもらい、そののちに型を取ると、驚くくらい正確な型を取ることが可能になるのです。
 型の採取後、補綴物を作るのは歯科技工士の役割です。熟練した歯科技工士の中には歯科衛生士の資格を取っている人もいます。歯科衛生士の技術を学ぶことで、より精巧な補綴物を製作したいというこだわりからです。
http://athena32.blog.jp/archives/12338984.html

ほかにも消化器系の病気や糖尿病、腎臓病や肝臓病でも口臭がすることもある

例えば、糖尿病では甘酸っぱい傷んだ果物のようなアセトン臭、腎臓病ではアンモニア臭などを感じるときがある。急に臭いが強くなったり、いつもと違う臭いがしたりする場合は、かかりつけの歯科医や内科医らに話してみる。根管治療機器
 強い臭いがあると思い込むのも不健康なので、自分自身で心配しすぎることはない。気づいた家族らが、「ちょっと体調が悪いのかもしれないね。お医者さんに相談してみたら」などと、本人の気持ちに配慮しながらうまくアドバイスしてあげよう。歯科技工用技工機器
 いまは「口臭外来」がある病院も増えていて、検査装置も進化。臭いのレベルが数値で示されるので、客観的に判断できる。
 口臭は、ありふれたことでも、確かに「死の予兆」になり得る。普段から家族やパートナーの体調に気を配って、サインを見逃さないようにしたい。(本誌・岩下明日香)
https://ameblo.jp/luccye/entry-12407713133.html

「やめたら終わり」……的確に継続することが歯磨きと筋トレの共通点

── 嶋田先生が考える「歯の健康の維持」と「筋トレ」の共通点についてお聞かせください。
嶋田 「やめたら終わり」です。維持でも、改善でも、進化でもいいんですが、とにかく「やめたら終わり」。終わりたくないのであればやり続けるしかないんです。理論と正しい方法を知って実践すれば、ゴールは近づいてくるということです。トレーニングも歯磨きも、やり方次第で無駄になってしまいます。ホワイトニング機器
例えば筋トレでは、胸を鍛えたいのに、鍛え方のフォームが違っていると、肩ばっかり鍛えることになる。歯の場合は毎日ちゃんとした方法で歯を磨けば、虫歯にならず、歯ぐきの病気にもならず、健康な歯を維持できます。だから毎日やるわけです。そして、的確に磨く方法を覚える必要があります。歯並びの良い人はスムーズに磨けるけど、歯並びが悪い人は同じ方法ではスムーズには磨けない。そういう場合には違う道具を使う。本当に「歯磨き」と「筋トレ」は一緒なんです。歯科根管治療用
── 継続の大切さは痛感しますが、それを患者さんに伝えて実践してもらうのは難しいのではないでしょうか。
嶋田 今から20年前、60歳の時に通い始めた患者さんがいるんですが、60歳の時のデータより80歳の今の方が歯の状態が良いんですよ。磨き方をちゃんと理解しているから。歯は他の器官と比べてあんまり老化しないんです。でも、小さい頃に「年をとれば入れ歯になる」のようなステレオタイプなお年寄りをイメージしてしまい、自分もそうなる、だから歯が悪くなってもおかしくないんだと勝手に思っている人が多いんです。
http://athena32.blog.jp/archives/12305866.html

1時間の治療時間を、歯科衛生士さんに任せることなくご自身で最後までやりきるのは、先生のポリシーでしょうか

嶋田 はい、そうです。1日最大で診られて15人くらいでしょうか。だいたい治療に1時間くらい掛ける患者さんが多く、治療内容によっては短く終わる場合もあります。口腔内カメラで歯や歯茎の状態を撮りながら、どこが悪いのかを説明します。歯磨きの指導も直接僕がやっています。根管治療機器
── 患者さんにはどのような歯の磨き方を指導されているのですか?
嶋田 非常に簡単です。「私はやった」「でもできていない」──僕はその境目を伝えるだけなんです。歯科技工用技工機器
例えばテーブルの溝の中にほこりがある。でも、ほこりがある場所ではなく、その手前を拭いて「テーブルの掃除をした」と言う。テーブルは一見きれいになっているけれど、溝にはほこりが残っている。それを「掃除ができた」と評価するのか?歯磨きも同じで、「私は磨いた」と言う人でも、汚れが取れていなければ「磨けた」とは言えません。歯ブラシってだいたい3歳くらいから使い始めて、だいたい毎日、頻度はともかく歯を磨いていますよね。この中に虫歯になったことがある方はいらっしゃいますか?
── (取材陣の中で2人ほど手を挙げる)
嶋田 なぜ「毎日磨いているのに虫歯になるんですか?」ということです。自分でやろうと思えばできますが、知識を得て実際にやるかやらないかはその人次第です。そして、やらない人の方が圧倒的に多い。
https://ameblo.jp/luccye/entry-12407447491.html

休憩を挟んで,座談会「口腔機能発達不全症をさまざまな経験から語る」が開かれた

これに先だって,座談会の各登壇者からはそれぞれの職種における臨床や自身の体験から,口腔機能の発達不全についての話題が提供された.ホワイトニング機器
 今井庸子氏(日本赤十字社医療センター附属乳児院院長)は乳児院の院長および急性期病院の小児科医の立場から,田口 明氏(松歯大 歯科放射線学講座)は自身のアレルギー体験とそれによって生じた食事や口腔のトラブルについて,綿貫愛子氏(NPO法人東京都自閉症協会世田谷区受託事業 みつけばルームコーディネーター)は自身も当事者である発達障害の特徴とそこから発する食ついての特性に関して,田中由佳氏(NPO法人東京都自閉症協会NPO法人しょーとてんぱー)は自閉症児の保護者として主に食事を中心とした育児の体験を,最後に,田村文誉氏(日歯大口腔リハビリテーション 多摩クリニック)も自身の育児や摂食機能療法専門の臨床を行う立場としての経験などをそれぞれ示した.歯科根管治療用
 全員が登壇した座談会では,いかに口腔機能の発達不全に気づくか,そうした問題に悩む保護者に寄り添うかといった話題から,「食」以外の構音機能の問題への対応,医科が歯科に求めること,歯科が医科に求めること,他職種と協力する方法など,多彩なトピックで議論が進んだ.
 最後に,口腔機能発達不全症に対応できる歯科医療従事者を増やすことの必要性や,地域での対応の拠点としての歯科医師会の役割などが示され,フォーラムは盛会のうちに幕を閉じた.
http://athena32.blog.jp/archives/12193568.html