博文

滅菌に多額の費用

日本歯科医学会の指針では、患者ごとに機器を交換し、高温の蒸気発生装置で滅菌するよう定めているが、なぜ使い回しがなくならないのか。超音波スケーラー用チップ
 歯科医の多くは「滅菌に多額の費用がかかる」と指摘する。蒸気発生装置は100万円以上かかり、その他関連の設備を備えると、数百万円の費用がかさむという。歯科研磨機
 一方で、診療報酬の歯科再診料は、院内感染対策を行った場合でも加算を含めて500円しかない。歯科医の医療報酬は一般の医科と比べて低いという実態もあるという。
 このため、研究班は「いまだ改善の余地はあると自覚している。より改善を図るためには、施設基準や診療報酬の面での充足が必要だ」と主張する。

 来年4月は、2年に一度の診療報酬の改定時期に当たる。日本歯科医師会は、感染対策の充実を含め「十分な財源の確保」を求めている。
http://luccye.hamazo.tv/e7633765.html

治療活用、高いハードル

京都大チームが発見した新しい化合物は、胎内にいるダウン症のマウスだけでなく、ヒトのiPS細胞を使った実験でも効果が見られた。もし出生前のダウン症の治療薬が実現すれば影響は大きい。国内では出生前診断を受けて染色体異常が確定した人のうち、90%以上が中絶に至っているとされる。治療の選択肢が示されれば、こうした状況に変化が起こる可能性がある。超音波スケーラー用チップ
 研究チームは新化合物を「アルジャーノン」と名付けた。米国の作家ダニエル・キイスの小説「アルジャーノンに花束を」も意識したという。この小説に登場するアルジャーノンは、脳手術を受け高い知能を得るネズミの名前。ところがこの手術には、やがて知能を失う欠点があるというあらすじだ。歯科研磨機
 今回の新化合物にも課題はある。ダウン症は、複合的な疾患群だ。知的障害のほか、合併症として心臓病や聴力障害などを伴うこともある。アルジャーノンが神経幹細胞の増殖を促しても、先天性の心疾患が改善するわけではない。
 創薬に向けたハードルも高い。臨床研究にまで至った場合、健康な妊娠した女性に薬を飲んでもらう必要があるからだ。

 日本ダウン症協会は「障害は子どもの個性の一側面」として捉えている。ダウン症を「病気」として「治療」すべきなのか。新たな議論が必要となる局面も、いずれ来ることになるかもしれない。
http://luccye.hamazo.tv/e7617492.html

噛むほどに美味しさが染みわたる~♪ロールきつねがお財布&健康にも

V6のいのっちこと井ノ原快彦さん、有働アナウンサーらが、社会問題から生活実用情報まで、毎日ピックアップする「あさイチ」(NHK)。主婦の皆さんが一番気になるあさイチのテーマをクックパッドがレポートします。超音波スケーラー用チップ
夏休みはレジャーに旅行、帰省など、いろいろお金がかかって9月は引き締めモードという人も多いのではないでしょうか?今回は、そんな節約したい人の強い味方・油揚げにフィーチャー!食べ応えのあるおかずをご紹介します。歯科研磨機
お財布に優しい油揚げが今回のテーマ! 9月4日放映の「あさイチ」(NHK)をご覧になりましたか?人気の料理コーナー「解決!ゴハン」のテーマは、「油揚げ」。今回は、本業は歯科医師で、よくかんで食べる料理で健康を推進している料理研究家の田沼敦子さんが登場!リーズナブルだけでなく、噛みごたえがあって健康にもいい、一石二鳥の油揚げ料理を教えてくれましたよ。
油揚げで具材を巻き巻き♪ 田沼さんいわく、実は油揚げは噛む回数の多い食材。だから上手に活用するのは、お財布だけでなく健康のためにもいいのだとか。
今回教えてくれたのは、「かむかむロールきつね」です。
作り方は超簡単。油揚げは3辺を切って開き、手前から油揚げの切り落とし、ザーサイ、かにかま、水菜をおきます。一番奥にスライスチーズをおいたら、手前からきつめに巻きます。フライパンが温かくなったら、チーズの入っている巻き終わりを下にしておき、チーズがとけるまで手で押さえて焼きます。転がしながら焼き、全体がきつね色になったら塩をふりましょう。粗熱が取れたら、ひと口大にカット。これで完成です。

メチャクチャ簡単ですが、すごく美味しそうですね。いろいろな具をよく噛んで食べるとさらに美味しさアップ!メインディッシュはもちろん、お弁当やおつまみにもピッタリですよ。
http://luccye.junglekouen.com/e909576.html

感染症になる恐れもあるため

津田院長は、閉経後に不正出血を認め、エコーや内膜細胞診などを行った370例を調査し、子宮体がんに対する感度(がんを見逃さず、がんと診断する確率)はエコーも内膜細胞診も同等であることを突き止め、2005年に論文発表した。世界的にも同様の報告がある。超音波スケーラー用チップ
「エコーも万能ではないが、最大限に活用することで、不要な内膜細胞診は減らせる。現在、内膜細胞診を実施されている閉経後女性のかなりの人は、細胞診が不要なのではないでしょうか」(同)歯科研磨機
 それだけに近年、更年期症状や更年期障害の治療を目的としたホルモン補充療法(HRT)前にも内膜細胞診を必須とする『ホルモン補充療法ガイドライン』に疑問を呈する。
「症状もないのにHRTを受ける患者さん全員に内膜細胞診を必須とするのは過剰医療のように思います。前述の『産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編』とも矛盾すると考えます」(同)

 子宮体がんの診断には内膜細胞診は重要な検査ではあるが、感染症になる恐れもあるため、実施理由については担当医に確認するのはどうだろう。
http://luccye.junglekouen.com/e909318.html

どの歯科医を信じればいいの!? 治療判断が違うワケ

例えば、親知らずが痛み始めて、かかりつけの歯科が予約でいっぱいだったとき。やむなく違う病院に行ったところ、あっさり「抜歯」の判断。え~っ!前の病院では抜歯しなくていいと言われていたのに……。診療中、こんな話をときどき耳にすることがあります。超音波スケーラー用チップ
歯科医が変わることで診断が変わるのはおかしな感じもしますが、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?わかりやすく解説します。歯科研磨機
■診断は複数の要素を総合的に判断して行われる まず知っておいてほしいのは、歯の診断も「複数の要素を総合的に判断して行う」ということです。1つの項目だけをチェックして、単純明快に1つの答えを出せるものではないのです。
例えば、患者さんの感じている痛みの有無、抜歯の難易度、歯の位置、磨きやすさ、治療後の耐久性、噛み合わせの重要度、他の歯への悪影響度、本人の歯磨き能力、年齢などなど、判断項目を具体的に挙げていくと何十項目にもなるでしょう。さらに、各診断項目もゼロイチだけで判断できるものではありません。

診断結果や提案される治療法が歯科医によって異なるのは、これらの項目のひとつひとつに対する考えが少しずつであれ異なること、それまでの各歯科医の治療経験から、よりよいと考える治療法が異なる場合があること、患者さんの希望を聞きつつも、口内環境にとってのデメリットをどこまで許容できるか、といった判断が多少異なってしまうからなのです。
http://luccye.junglekouen.com/e909238.html

食事の際には、これら3大栄養素を過不足なくとることが必要です

ただ3大栄養素それだけでは十分に機能しません。たんぱく質をからだの構成成分につくり変えたり、糖質や脂質をエネルギー源として効率よく使えるようにしたりする役割を果たす、ビタミン、ミネラルの摂取が必要不可欠です。超音波スケーラー用チップ
ビタミン……水に溶けやすい「水溶性ビタミン」(ビタミンB群・Cなど)と、水に溶けにくく油に溶けやすい「脂溶性ビタミン」(ビタミンA・D・E・Kなど)に分けられます。種類によって異なりますが、野菜や果物などに含まれるものが多いです。歯科研磨機

ミネラル……乳製品、魚介類、小松菜やほうれん草などの青菜、大豆製品に含まれる「カルシウム」、レバーや赤身の肉類、貝類に含まれる「鉄」、野菜、海藻、きのこ、いも類、果物などに含まれる「カリウム」、塩やしょうゆ、みそ、コンソメなどの調味料に含まれる「ナトリウム」などがあります。
http://luccye.junglekouen.com/e909036.html

平成29年度SCRP日本代表選抜大会開催

さる8月18日(金)、歯科医師会館において、平成29年度(第23回)日本歯科医師会/デンツプライシロナスチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム日本代表選抜大会(SCRP大会)が開催された。本大会は、歯科学生みずから研究テーマを設定し、その内容や調査結果を競うもの。歯科界の発展を担う研究者・教育者・開業医の国際的な輩出を目的とし、各国歯科医師会主催および、デンツプライシロナ社後援のもと世界39か国で開催されている。超音波スケーラー用チップ
 本年度は全国歯科大学・歯学部から28校が参加し、当日午前より審査会場にて各大学を代表する学生が英語によるポスタープレゼンテーションを行った後、審査が行われ、その結果が表彰式にて発表された。以下、審査結果を示す。歯科研磨機
優勝(基礎部門第1位):「単一細胞トランスクリプトミクスによる骨芽細胞の多様性の解析」(吉野 舞さん、広大歯学部5年生)
準優勝(臨床部門第1位):「歯槽骨吸収予測指標としての歯肉溝滲出液中ストレスシグナリングの解析と臨床応用への検討」(福留彩音さん、日大歯学部5年生)
臨床部門第2位:「フッ化物微量拡散法による乳児一日フッ化物摂取量評価」(柳田陵介さん、東歯大5年生)
基礎部門第2位:「オートファジー誘導にはカリウム流入を抑制するホスファターゼが必須である」(松本 夏さん、阪大歯学部4年生)

 優勝し日本代表となった吉野さんは、「SCRP大会に参加することで得られるものがあり、良い経験となった。これをステップに未来に進んでいきたい」と受賞の喜びを語った。吉野さんは、きたる2018年3月21日より米国フロリダ州フォートローダーデールで開催される国際歯科研究学会米国部会(AADR