博文

“条件付き”と述べたのは、まさにそこに理由がある

すなわち、何らかの原因で咬み合わせが不安定な場合においては、マウスピースによってその状況が補正、もしくは改善され緊密で良好な咬み合わせが得られた場合、より強い食いしばり効果が発揮されると考えられる。歯科技工用技工機器
 さらに、咬み合わせは身体の軸や重心、すなわちコアバランスの確立にも重要であることがわかっている。つまり、マウスピースによって良好な咬み合わせが構築されれば、不必要な身体動揺が抑制され、身体バランスの安定が得られるのだ。歯科レントゲン
 このような理由から、まさに体幹を維持しながら瞬間的に力を発揮するゴルフのようなスポーツにおいては、マウスピースの使用によって飛距離がアップする可能性は十分にあると考えられる。
 以上、マウスピースの使用によりスポーツパフォーマンスが向上する可能性について述べてきたが、基本的には口や歯の怪我の予防を目的として使用されるものであることは、十分に理解していただきたい。
http://athena32.blog.jp/archives/5884712.html

マウスピースは怪我を防ぐプロテクターだが 運動能力を向上させる可能性が噂されている

マウスピースは、スポーツ中に起こりうる口や歯の怪我を未然に防ぐためのプロテクターだ。マウスピースを使用することにより、口の中の怪我や損傷に対する高い予防効果が得られることから、スポーツ用マウスピースの必要性が啓蒙されつつある。超音波スケーラー用チップ
 このように、日本でも普及し始めたスポーツ用マウスピースであるが、本来の機能としての外傷の予防とは裏腹に、運動能力を向上させる可能性が噂されている。歯科研磨機
「スポーツをする際にマウスピースを装着したら今まで以上に力を入れやすくなった」、というようなことを耳にしたことはないだろうか。冒頭で述べた、プロゴルファーの失格事例がまさにそれを端的に表している。
 これまでに、「マウスピースの使用がスポーツパフォーマンスの向上に寄与するか」という命題に対してさまざまな議論が行われてきた。十分な科学的根拠はないものの、結論から言うと、「条件付き」でその可能性はありうる。
http://luccye.hamazo.tv/e7774744.html

口のケアできる人材増やす 厚労省が研修制度

お年寄りらの口腔(こうくう)ケアをするスタッフへの新たな研修制度を厚生労働省は創設する。歯科医師や歯科衛生士がいない現場でも専門的なケアができるよう、病院や介護施設の看護師や介護スタッフに学んでもらう。最期まで口から食べることの支援や誤嚥(ごえん)性肺炎を減らすことにつなげる狙いがある。歯科技工用技工機器
 研修は、歯科医師や歯科衛生士が講師を務める。患者らが自分でうまく出せないたんを専用のジェルを使って除去する、食事や会話が続けられるよう器具を使い口の周囲の筋肉を鍛える、といったケアの方法を教える。病気ごとにケアをする際の注意点を伝えることも想定する。歯科レントゲン
 厚労省は来年度、この研修に約1億円を充て、実施する自治体に経費の半額を補助する方針。厚労省によると、2014年時点で歯科の診療科がある病院は全国で約2割。介護施設などを訪問する歯科医師や歯科衛生士のニーズは高まっているが、その数は追い付いていない。新たな研修制度によって適切なケアができる施設を増やしていく。
 口の中には多数の常在菌がいて、唾液(だえき)にまじって気管内に入ると、誤嚥性肺炎の原因になる。要介護者への口腔ケアは、肺炎の発症を抑えることがわかっている。また、口腔ケアが入院期間を短縮させるという報告もある。歯科医師らによる専門的なケアを受けた患者と一般的なケアを受けた患者を比べると、専門的なケアを受けた患者は10~20%程度、入院日数が短かった。
http://athena32.blog.jp/archives/5868191.html

「WELQ的な手法」「素人投稿型」が急落

実はGoogleは、すでに今回のアップデートを匂わす発表をしていた。超音波スケーラー用チップ
「多くの人から指摘があることはGoogleでも把握しており、(健康・医療分野の検索結果改善の)優先度を高くしている。詳細はここでは明らかにできないが、期待していてほしい」
8月25日に開催されたイベント『Google Dance Tokyo 2017』の質疑応答で、同社担当者がこのようにコメントしたことを、複数の出席者が証言している。歯科研磨機
それから約3カ月後に実施された今回はアップデートは、専門家の予想を超えるものだった。辻氏は「今回の変更は前代未聞」と表現する。
「今回の変更は、WELQ後に実施された健康・医療分野の改善としては、最大でした。健康関連の検索に限りますが、検索順位の変動として前代未聞のものだったとも言えます」
現時点では、今回のアップデートが実施されたのは日本のみ。「WELQ問題」以降、日本で高まっていたネットの医療情報への不信感を受けた、独自の対応と考えられる。
今回のアップデートで、何が変わったのか。辻氏はまず「WELQ的な手法で運営されていたサイトの評価の低下」を挙げた。
「『いしゃまち』や『ヘルスケア大学』など、記事を大量生産する手法で運営されていたメディアは、大きく順位を落としました」
他に「NAVERまとめやYahoo!知恵袋などのCGM(誰でもコンテンツを作れるメディア)も順位が急落している」という。
http://luccye.hamazo.tv/e7773697.html

ワンタフトブラシを効果的に使うコツを5つご紹介します

(1)持つときはペングリップで ワンタフトブラシの持ち方は、ペンを持つときと同じ“ペングリップ”が基本。歯科技工用技工機器
さらに手首をブラブラできるほど力を抜いて持つことが、小回りを利かせるためのコツです。
(2)通常の歯磨きの前か後かで当てる場所を変えるワンタフトブラシを使うタイミングは、通常の歯磨きの前でも後でも構いません。歯科レントゲン
歯磨き前に使う場合は、食べかすやプラークなどの汚れが残りがちな部分に当てるように意識することで、その後の歯ブラシでの歯磨きが効率よく行えるようになります。
歯磨き後に使う場合は、歯ブラシでは落としきれなかった磨き残しにピンポイントで当てるようにします。
(3)やさしい微振動で歯に当てる ワンタフトブラシは歯面にやさしく毛先をあて、毛先を超音波で振動させるようなイメージで小さく動かします。微振動でも毛先がしっかり当たっていれば、汚れは落ちます。
反対にゴシゴシと磨くのは厳禁。歯ブラシ同様に毛先が開きやすくなり、歯肉を傷めることもあるので注意しましょう。
(4)薬液の力を効果的に使う 歯ブラシが届かない歯周ポケットの中、汚れが溜まりやすい歯並びが悪いところや親知らずの周囲は、虫歯や歯周病のリスクが高い部分。
プラークを落とした後、ワンタフトブラシに虫歯予防に効果的な“フッ素”や、歯周料予防に効果的な消毒薬が含有された薬液をつけて磨きましょう。歯ブラシの届きにくい部分にも直接ブラシを当てることができるので、効果的に薬液の効能が発揮されます。
(5)毛先が開いてきたら交換を 毛先が開いてくるなど、劣化してきたら交換したほうがよいのは、歯ブラシもワンタフトブラシも同じ。理想は2〜3週間。最低でも1ヶ月に一度は替えるようにしましょう。

しかし、ワンタフトブラシは通常の歯ブラシよりもヘッドが小さいので劣化がわかりにくいという声もよく聞きます。慣れるまでは新しいものを2本買い、使用中のものと新品のものとを見比べながら使うという方法もオススメです。
http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/47311

無料の「歯周病・口臭 解決セミナー」も

最近のキーワードとして「スメルハラスメント(スメハラ)」が話題だが、他人の気になるニオイとして「口臭」を挙げる人は多い。超音波スケーラー用チップ
オーラルケアは海外の方がさかんで、オーラルプロテクトコンソーシアムが、2015年8月に調査した結果によると、在日外国人の約7割が「日本人の口臭にガッカリした経験がある」と答えている。歯科研磨機
一方で、日本人の成人の6割以上が歯周病と言われているにもかかわらず、約9割が「自分は(口臭要因のひとつである)歯周病ではない」と回答。これは、多くの日本人が、歯周病や口臭についてまだまだ意識づけできていない結果だろう。
このような背景から生まれたのが「Pシュー」だ。
使い方は簡単で、「Pシュー」本体を鼻の下にもっていき、小瓶の口元が手や鼻に触れないように注意しながらニオイを嗅ぐと、歯周病が原因で臭う口臭を体験できる。
価格は880円(税別)。問い合わせ先は0120-500-418(平日9時~18時)。
さらに、「Pシュー」を無料で体験できる「歯周病・口臭 解決セミナー」も開催する。
セミナーでは、「口臭が気になるけど、どうすればいいの?」「口臭ケアの効果的な方法を知りたい」など、なかなか人に言えない悩みに答えてくれるほか、専任歯科衛生士が口臭のメカニズムから効果的な予防方法まで、講義(知識)と実技(体験)スタイルで紹介する。

日時は未定だが、申込みサイトから募集中で、5名集まれば催行される。
http://luccye1.ti-da.net/e10139992.html

皆で創ってきた70年 港北歯科医師会

神奈川県歯科医師会館で港北歯科医師会(保刈徳久会長)は23日、同会創立70周年記念講演会を実施し、会員ら約70人が来場した。歯科技工用技工機器
 冒頭で保刈会長は「今後の10年の社会がどのように変化をしても対応できるようになっていかなくてはならないと感じている。”会員のみんなが考えみんなで創る港北区医師会”をモットーに次の世代につなげていくことが我々に課せられた役目」と、あいさつした。歯科レントゲン
 講演会は第6代目会長の矢島敏夫氏(日吉台歯科診療所)をはじめ、6人の会員が担当。矢島氏は「創立草創の頃のよもやま話」を題し、社団法人神奈川県歯科医師会港北支部として設立したことをはじめ、昭和20〜30年代にかけて人口と比例する形で会員が増加していったことなどを語った。

 また、「横浜における近代歯科の歴史〜江戸時代と明治時代の比較〜」を講演したのは県歯科医師会歯の博物館館長でもある大野粛英氏。1865年にアメリカ人歯科医のイーストレーキが横浜居留地108番で開業し、近代歯科医学が横浜から始まったことや当時の治療技術などを紹介した。
http://athena32.blog.jp/archives/5680245.html