博文

センター試験、58万人挑む 大雪で開始繰り下げも

大学入試センター試験が13日始まった。志願者は2017年より1.2%多い58万2671人で、3年連続の増加。2日間の日程で、13日は地理歴史、公民、国語、外国語、14日は理科、数学の計6教科に受験生が挑む。歯科技工用技工機器
 大学入試センターによると、大雪で交通機関が乱れた影響で、新潟大と日本歯科大新潟生命歯学部(ともに新潟市)の2会場で、試験開始を60分繰り下げた。両会場の志願者は計4567人。このほか横浜国立大(横浜市)、滋賀大(滋賀県彦根市)など5会場で、人身事故による交通機関の遅れなどに伴い別室受験の措置をとった。歯科レントゲン
 試験場は全国695会場。参加する大学は697校(国立82校、公立89校、私立526校)で、17年より3校増え、過去最多となった。短大は3校減って151校。
 志願者が58万人を超えたのは14年ぶり。内訳は男子が約32万6千人、女子約25万7千人。今春卒業見込みの現役生が約47万4千人で、既卒の浪人生が約10万4千人など。高校3年生に占める志願者の割合は44.6%で過去最高となった。
 大学入試センターは17日に平均点の中間発表、19日に得点調整の有無を公表する予定。体調不良などやむを得ない事情で受験できなかった受験生を対象にした追試験は20、21日に実施する。
1990年に始まった現行のセンター試験が行われるのは20年まで。21年以降は、知識の暗記だけでなく活用する力を問うため、記述式問題を導入し英語で民間検定試験などを活用する「大学入学共通テスト」に衣替えする。
http://athena32.blog.jp/archives/7276084.html

朝起きたときが最も口内環境が悪い

最後は「歯のメンテナンス」だ。これは歯医者でプラーク(歯垢)を取ってもらうなど、定期的なクリーニングを行うことを前提に、歯磨きの仕方を工夫するということだ。なかでも大事なのは「歯磨きをする時間帯」だという。超音波スケーラー用チップ
「朝食後と夜寝る前に歯磨きをする、という人が大半だと思いますが、朝の歯磨きは、寝起きすぐにしてください。バクテリアは、寝ている間に爆発的に増えます。朝起きたときが最も口内環境が悪いわけです。そして、寝起きの歯磨きは歯磨き粉を使わずに行ってほしい。歯磨き粉を使うと、適当に磨いても綺麗になった気分になりますが、歯磨き粉を使わなければ、どこまで綺麗に磨けたか、歯の状態がよりわかりやすいからです」 歯科研磨機
まずは、歯医者で歯のクリーニングをしてもらい、歯のベストコンディションを知ろう。そこに近づけることが歯磨きの目的だ。
「歯磨きは1つの技術です。人により歯の形や力、器用さが異なるため、上手に磨ける歯ブラシは百人百様。電動歯ブラシで上手に磨ける人もいれば、普通の歯ブラシが磨きやすいという人もいる。何本も試して自分にとって究極の1本を見つけましょう」
https://latte.la/blog/100226503

ホワイトニングの誕生

中世の文化は歯をきれいにすることに憑りつかれていて、ホワイトニングは歯科衛生ケアの大きな部分を占めていた。歯科技工用技工機器
 輝くばかりの白い歯のために多くの調合薬が作られ、売られ、実際に使われたのは、現代の歯科医院で同じように宣伝している製品がどっさり見られるのとまったく同じだ。歯科レントゲン
Trotulade Ruggieroによって書かれた11世紀のDe Ornatu Mulierumは、女性の化粧について次のように書いている。
歯はこのようにして白くする。焼いた白大理石、焼いたナツメヤシの種、白ソーダ石、赤瓦、塩、軽石、これらをすべて粉にして、湿ったウールをきれいな麻布で包んだものの中に入れ、それで歯の表裏をこする。
女性は食事の後で上質なワインで口をゆすぐべき。それからよく乾かし、新しい白い布で拭く。仕上げに、毎日ウイキョウかセリ、パセリを噛むと口臭がさわやかになり、歯肉もきれいになり、歯が真っ白になる。
http://athena32.blog.jp/archives/7228612.html

古代ギリシャで歯科医療が進まなかった理由

古代ギリシャは文化的に進んでいたと思われているのに、歯科治療に関しては後塵を拝していた。これはおもに彼らの哲学と好戦的な性格によるところが大きい。超音波スケーラー用チップ
 ギリシャ人は力と美が究極の美徳だと信じていたため、虫歯の痛みなど歯を健康に保つために払う代償としては小さなものだった。痛みは弱さの証で、医者に歯を抜いてくれなどと頼むのは、間違いなく社会的地位を失うほどのダメージだった。歯科研磨機
 古代ギリシアで歯痛に苦しむ人が望んだ一番の方法は、さまざまな薬草を浸した布を歯に詰めて、食べ物が中に入らないようにすることくらいだった。
 しかも、虫歯を抜かなかったせいで、多くの人が感染症で死んだ。たいていの場合、歯痛の地獄の苦しみを取り除いてもらうよう神頼みするだけで、なんとかうまくいくことを期待するだけだった。
https://latte.la/blog/100226306

研究開発型の製造業としては突出の高利益体質

同社は研究開発型企業でありながら、営業利益率が約17%と、製造業としては突出した高利益体質を維持しています。このような高利益体質を維持できる理由は2つあります。歯科技工用技工機器
まず、高付加価値製品を提供していること。同社のような中堅企業が市場で生き残っていくためは、大手の資金力と大勢の人員を要するビジネス展開ができない事から、圧倒的な競争力をもつ製品や技術を開発するしかないのです。差別化された製品は汎用品と違って低価格競争に巻き込まれにくく、メーカーからの買取価格が高くなる傾向があります。同社が医用機器向けで売り上げを伸ばしてきたのは、高品質・高機能を求められる分野だからです。敢えてしんどい方で勝負してきたのです。歯科レントゲン
結果的に高品質・高付加価値製品を生み出すことになり、同社はニッチトップを取っています。
2つめが、部門採算性の採用です。部門長は製品の設計、製造、販売までの経費などをすべて管理し、毎月報告しています。例えば、生産現場において、何人の作業員で、どんな作業をして、どれだけの時間を掛けていくつ製造したのか、それに一日いくらかかったか、などかなり細かく管理しています。一方、部門長は設備投資や開発に関してある程度の裁量権を持つため、不採算製品を最小限に抑えることができ、かつ機動的な開発・製造を可能としているのです。
足元の業績では医用機器向けが伸びていることで製品ミックスが改善し、粗利益率が向上。部門採算性によって余計なコストが削られることで販管費は減少し、営業利益率が上昇しているようです。
http://athena32.blog.jp/archives/7203133.html

浜松ホトニクス<6965>は急落時に拾いたい優良株

浜松ホトニクス<6965>は、「光」にまつわる電子部品や電子機器の研究開発・製造・販売を行う電子部品メーカー。光関連部品を主力とする売上高1300億円規模の中堅企業ですが、「光」にまつわる研究と製品で世界に誇れる技術を有す、知られざるグローバルニッチトップです。超音波スケーラー用チップ
真空管を使う「光電子増倍管」と、半導体を使う「光半導体素子」の2種からなる光センサを主力とし、半導体レーザーやフォトダイオードなども展開します。光電子増倍管では世界シェア90%超えとほぼ市場を独占。半導体レーザーやフォトダイオードなどでも圧倒的ポジションを築いています。同社の光技術は様々な業界で使われており、時代の最先端を担っています。歯科研磨機
2017/9期における業界別売上高構成比は、医用機器が37.4%、産業機器が27.7%、分析機器が122%、計測機器が5.1%、学術が5.5%、その他が12.1%。
売上の半分を医療業界向け売上が占める売上構造が長く続いてきましたが、ここ数年で自動車向けが急増しています。欧州や米国の自動車メーカー向けに車載用フォトICが伸びているほか、車内の光通信用フォトIC、防眩ミラー用フォトICなどはグローバル規模でシェアを拡大しています。ちなみに自動車はその他事業に含まれており、まだ成長初期段階ということになります。自動車は電装化が著しく進展している分野であることから、今後売上比率を拡大させていくと思います。
https://latte.la/blog/100226232

レオ様「タイタニック」の“恋人”とがん患者を救っていた

米映画「タイタニック」(1997年公開)で悲恋のカップル「ジャックとローズ」を演じたレオナルド・ディカプリオ(43)と英女優ケイト・ウィンスレット(42)。実生活では恋人関係にはならなかったが、ずっとお互いを支え合う友人であることは知られている歯科技工用技工機器
 この2人が、卵巣がんにかかった英国の女性をひそかに援助していたことが分かった。女性が先日、英BBCの番組「ディス・モーニング」に出演し、その詳細を明らかにした。歯科レントゲン
 英ランカシャーに住む歯科看護師のジェンマ・ナットールさん(28)は3年前、妊娠中に卵巣がんと診断された。化学療法などは、生まれてくる子どもの命にかかわるため、拒否。無事に娘を出産したが、その後、彼女の脳に複数の悪性腫瘍ができていることが判明し、「余命3~6カ月」と宣告された。
 ジェンマさんはドイツの医療機関で行われる「免疫療法」を受けることを決意。しかし、1回の治療に10万ドル(約1100万円)もかかるため、クラウドファンディング「ゴーファンドミー」を利用して治療費を集めようとした。これに、がんで死にかけていた自分の母親のために同じ医療機関をネットで調べていたケイトが気付いたのだ。
http://athena32.blog.jp/archives/7177326.html