博文

歯が抜けると「肺炎死」のリスクが上がる

80歳になっても自分の歯を20本以上保とうという「8020運動」というものがある。日本歯科医師会が中心になって設立した8020推進財団が提唱している運動で、厚生労働省の調査(※1)によれば日本人の歯の喪失率と本数は減少傾向にあるようだ。8020運動が奏功しているのかもしれない。超音波スケーラー
 減少傾向にあるとはいえ、自分の歯(永久歯)を1本でも失った人の割合は、50~54歳で61.5%、60~64歳で79.2%、70~74歳で87.4%、80~84歳で93.8%となっている。失った歯の平均本数は、50~54歳で2.0本、60~64歳で4.6本、70~74歳で8.6本、80~84歳で12.9本であり、80歳以上の高齢者では約半分の歯を失っていることになる。口腔内カメラ
 歯にも寿命があり、70歳前後になると自然に抜ける歯も出てくる。それ以外の抜ける原因は、主に歯周病と虫歯だ。厚生労働省のホームページ「歯の喪失の原因」(2018/04/14アクセス)によれば、40代から歯周病による歯の喪失が増え、全体として60代に抜歯本数のピークを迎える。
 歯の寿命を長くするためにはどうすればいいのだろうか。前述した8020推進財団のホームページによれば、定期的に歯科検診を受け、自分の歯の健康状態を把握し、細菌が繁殖しやすい歯石などを除去し、歯周病などの治療を受けることなどが重要となる。また、口の中を清潔に保ち、適正な歯磨きや歯肉マッサージ、食事の際の咀嚼回数などにも気をつけるべきだ。
https://uraelo.tian.yam.com/posts/224653444

ブランドや味が決め手!?賢い「歯磨き粉」の選び方

みなさんは、普段どんな歯磨き粉を使っていますか? 歯磨き粉ってどう選べばいいのか、正直分からないという人も多いのでは。おそらく、「なんとなく有名だから」「味がよいから」などの理由で選んでしまっているかもしれません。そこで、歯磨き粉の賢い選び方を学んでみましょう!歯科レントゲン
 歯科医師の森昭さんの著書「知っておきたい口の健康の基礎知識 体の健康は 唾液を増やして解消する」(PHP研究所刊)によると、発泡剤入りは泡立つことでうまく磨けない可能性があり、研磨剤入りは歯を白くしてくれますが歯を削ってしまうことになるのだとか。歯磨き粉にはいろいろな種類がありますが、虫歯になりやすい人には虫歯向け、歯周病になりやすい人には歯周病向けを勧めているそうです。家庭用・歯科用超音波スケーラー
 また、意外にも本当にいいのは唾液磨き、つまり、歯磨き粉なしという方法のようです。歯学博士の倉治ななえさんの著書「図解 むし歯 歯周病の最新知識と予防法」(日東書院本社刊)によると、女性のほうが男性よりも唾液の分泌量が少ないことから、虫歯になりやすいことがわかっているのだそうですよ。
 歯磨き粉を選ぶなら、ブランドや味などではなく、何をケアしたいのかを見極め、自分に合ったものを選びたいですね。
https://latte.la/blog/100239081

いったん顧客離れが進むと再建は困難

2017年度の歯科医院倒産は20件(前年度比81.8%増)で、2年連続で前年度を上回り、前年度の11件からほぼ2倍増と急増した。年度では2015年度が7件、2016年度が11件と落ち着いていたが、1994年度の20件以来、23年ぶりに20件台に乗せた。超音波スケーラー
 負債総額は11億500万円(前年度比36.2%増)で、年度では5年ぶりに前年度を上回った。ただ、負債5億円以上の大型倒産は2年連続で発生がなく、同1億円未満が18件(同125.0%増)と前年度8件から2.2倍増となった。同1億円未満の構成比は90.0%で、小規模倒産が大半を占めた。口腔内カメラ
 原因別では、最多は「販売不振」の12件(前年度比33.3%増)で、全体の6割(構成比60.0%)を占めた。次いで、「既往のシワ寄せ」が4件(同300.0%増)。
 形態別では、事業消滅型の破産が19件(同90.0%増)と全体の9割(構成比95.0%)を占めた。いったん顧客離れが進んだ歯科医院の再建は容易でないことを示している。再建型の民事再生法は1件(前年度同数)だった。
 従業員数別では、5人未満が18件(前年度比80.0%増、構成比90.0%)と、小規模医院が全体の9割を占めた。このほか、10人以上20人未満が1件(前年度ゼロ)、20人以上50人未満が1件(同ゼロ)と続く。
https://uraelo.tian.yam.com/posts/224557726

日本歯学センターの歯科医・三原優子氏が最近の事情を明かす。

「患者さんが歯科医院を訪れる場合、口腔内のどこかの部分に痛みや異変を感じている――つまり『主訴』を抱えているわけですが、その訴えには大して耳を貸さず、すぐに『これは噛み合わせが悪いからだ。まずは噛み合わせの治療をしましょう』と提案してくる歯科医が出てきています。歯科レントゲン
しかし結局、患者は自分が治療してほしい歯を放っておかれてしまい、困惑するというケースがあるのです」
都内で歯科医院を経営する別の歯科医も言う。家庭用・歯科用超音波スケーラー
「『噛み合わせバカ』とでも言えばいいのか、何でもかんでも噛み合わせのせいにして、ロクに主訴部分を検査しない歯科医が増えています」
では、こうした歯科医には、どのように質問するのがいいのか。
前出の三原氏が言う。
「まず、『主訴についてはどう治療するのがいいでしょうか』と聞いてみる。それに耳を貸さず噛み合わせの話ばかりする場合は、疑ってかかったほうがいいでしょう。
さらに、『主訴の部分と噛み合わせはどう関わっていますか』と確認しましょう。いろいろ説明をされると思いますが、一つの判断基準になるのは、『左右』の問題です。
たとえば、右の歯が痛い場合、右側の歯のいずれかに噛み合わせの問題があることがほとんどです。右の歯が痛いのに、左の歯の噛み合わせ治療を勧めてくる歯科医とは、警戒して付き合ったほうがいい」
https://latte.la/blog/100239005

東京医科歯科大「医科大と混同しないで」一部メディアが写真取り違え「強い憤りを覚えます」と抗議声明

東京医科歯科大学は8月8日、裏口入学や女子受験生の一律減点問題で注目を集めている東京医科大の報道の一部で、医科歯科大の写真が掲載されていたとして、大学サイトに抗議の声明を掲載した。超音波スケーラー
声明によると、誤った写真が掲載されていたのはジャパントゥデイ、フィナンシャル・タイムズ、ニューズウィーク。同大は「直ちに当該メディアに対して写真の誤用を指摘し、厳重に抗議のうえ削除要請」をしたという。口腔内カメラ
「マスコミ各社には2度とこのような誤報がないことを強く要望します」
医科歯科大は、「残念ながらまだ修正がなされていないメディアもあり、迅速な対応を望みます」とコメントし、
「このような事態は、本学及び本学関係者の名誉を著しく傷つけるものであり、許されざることであると強い憤りを覚えます。マスコミ各社には2度とこのような誤報がないことを強く要望いたします」
と強く抗議している。
声明には記載がなかったが、国内メディアの中にも間違ったところがあったようだ。8月3日に放送された「NEWS23」(TBS系)では、女性の医師・歯科医師の支援に熱心な大学病院として東京医科歯科大学を取り上げたものの、医科歯科大の看板や建物などの映像を、東京医科大学の問題に触れた部分で流してしまったという。番組サイトには、
「視聴者の皆様の理解を混乱させかねない内容で、視聴者の皆様、並びに東京医科歯科大学とその関係者にご迷惑をおかけしましたことを、お詫びいたします」
https://uraelo.tian.yam.com/posts/224514844

第39回全国歯科保健大会

多くの皆様のご参加をお待ちしております。
日時 平成30年11月17日(土) 12:00~16:45(開場 11:30~) 場所 宇都宮市文化会館 〒320-8570 栃木県宇都宮市明保野町7-66  歯科レントゲン
大会テーマ 「健康」を味わう、「生きる」を味わう ~イチゴ一会栃木で語ろう健康長寿の秘訣~ 主催 厚生労働省、栃木県、宇都宮市、公益社団法人日本歯科医師会、一般社団法人栃木県歯科医師会 プログラム 【オープニング】 白鷗大学ハンドベルクワイアによる演奏  家庭用・歯科用超音波スケーラー
【開会】 ◇開会宣言 大会実行委員会副委員長 ・栃木県歯科医師会副会長佐川徹三 ◇あいさつ

引き上げの可能性と留意点

では、今後どのような制度改正が求められるだろうか。医療費の増加は人口の高齢化だけでなく、医療技術の発展や医師の行動・判断が絡む分、その抑制は簡単ではなく、様々な制度改正を組み合わせる必要がある。こうした中で、75歳以上高齢者の自己負担だけを聖域視することは難しい。超音波スケーラー
もちろん、医療制度の見直し論議は単なる財源論だけで完結しない。特に人々の生命や健康、暮らしに関わる分、自己負担引き上げの影響は軽視できない。例えば、高齢者が受診を控える結果、高齢者の健康が損なわれる可能性である。口腔内カメラ
そこで、所得の高い高齢者に多くの負担を求める方法がありえる。図表1の通りに現在も「現役並み所得」を持つ75歳以上高齢者については現役並みの3割負担を求めており、現役並み所得の基準を引き下げることで、対象者を増やす選択肢が想定される。
さらに、「医療サービスを多く使う75歳以上高齢者の自己負担を減らす」という制度設計が可能かもしれない。具体的には、一定額以上の医療費を還付する高額療養費と絡めることで、健康上の理由で医療サービスを多く使う高齢者については、自己負担が一定額以上に達した場合、還付を受けられるようにする方法である。
https://uraelo.tian.yam.com/posts/224479943