博文

Fラン歯・薬学部バカ高学費でも食えない

卒業後に国家試験を取得すれば十分に安定した収入が見込まれる歯学部・薬学部の学生。ところが、昨今は“定員割れ校”や“Fラン校”の存在が指摘され、高い学費を投入したにもかかわらず国家試験に合格できない学生も多い。「歯科医師、薬剤師の数が過剰でいずれ食べていけなくなる者が出るリスクもある」と医師の筒井冨美氏は語る。獣医学部を含む医療系ライセンス学部の将来展望やいかに――。根管治療機器 ■30倍の人気 加計学園・獣医学部の学生の「暗雲」 3月に入り、2018年の医療系国家試験の合格発表があった。歯科技工用技工機器
●医師国家試験の合格率は90.1%、学校別合格率は77~99% ●歯科医師国家試験の合格率は64.5%、学校別合格率は24~95% ●獣医師国家試験の合格率は88.3%、学校別新卒者合格率は94~100%
(2018年薬剤師国家試験の発表は本稿公開後の3月27日にあり、合格率は70.6%、学校別合格率は35~98%だった)
2018年2月、大騒動の末に認可された、岡山理科大学獣医学部(愛媛県今治市)の初年度一般入試が行われた。いわゆるモリカケ騒動の加計学園のほうである。「利権まみれの田舎の私大」「どうせFランでしょ」といった下馬評をよそに、推薦入試が約30倍、一般入試が21.5倍という超人気ぶりだった。
マンガ『動物のお医者さん』の大ヒットや、近年の資格取得の実学志向を反映して、獣医学科の人気は高く、国公立大学だとセンター試験の得点率が80%以上でないと合格できない難関である(センター試験全体の平均は例年60%強、医学部は85%程度と言われる)。
私大でも6年間で1200万~1500万円という高額の学費にもかかわらず偏差値60以上のまま高止まりしており、岡山理科大獣医学部の入試偏差値も同レベルになると予想されている。
獣医学部は30年以上の間、政策的によって毎年の国内総定員を930名に固定されてきた。文部科学省も農林水産省も長らく「獣医の中でも家畜臨床や公衆衛生分野は人手不足が深刻だが、都市部の小動物臨床(いわゆるペット用動物病院)は余っている」として「総数は足りている」「偏在しているだけなので定員増は不必要」という判断で、学生数を抑制していた。獣医師界も定員抑制政策に協力しており、獣医学部の新設についても2010年に日本獣医師会として公式に反対声明を出している。
http://te…

気づいてあげて! ストレス過多で体が出しているSOSサイン6つ

【サイン1】虫歯 虫歯とストレス、一見なんの関係もないように思えますが実は深い関係がありそうです。日中大きなストレスを感じていると、夜寝ている間に歯ぎしりとなって表れることがよくあります。これがやがて歯痛や虫歯の原因になってゆくと考えられます。超音波スケーラー用チップ そのまま放置しておくと歯が弱くなって抜けてしまう事態にもなりかねません。大人になっての歯ぎしりはパートナーとのケンカにもなりやすいので、早めに歯科医に相談してみましょう。歯科研磨機
【サイン2】目、首まわりや肩のけいれん 長時間デスクワークで座りっぱなしだったり、モニターとにらめっこだったりすると、時々、目・首まわりや肩の筋肉がピクピクとけいれんすることがありませんか。じつはこれも筋肉の酷使で身体的ストレスがたまっているSOSサインなのです。 目が疲れているようなら、20分おきに席を離れて遠くにあるものを眺めたりして“ストレッチ”をしてみて。首まわりや肩のけいれんには、深呼吸を5回から10回ほど繰り返して緊張をほぐしてあげるのが◎。
https://latte.la/blog/100232506

全国の歯科訪問診療サービスを集めた情報サイト高齢者の“口から食べる”を支えるために『おうちで歯科』サービス開始

株式会社LIFULL(ライフル)(旧社名:株式会社ネクスト、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、在宅高齢者向けに自宅で歯科訪問診療・往診を行う歯科医院を集めたポータルサイト『おうちで歯科』のサービスを開始しました。歯科技工用技工機器
『おうちで歯科』とは、ご高齢やお身体が不自由などの理由で、歯科医院に通う事が出来ない方が、おうち(自宅、入居中の施設など)で診療を行う歯科医院を探せるサービスです。歯科レントゲン
近年、誤嚥性肺炎の増加などにより介護の現場等でも口腔ケアの重要性が認知されるようになってきました。高齢者の口腔ケアはお口からの病気予防だけではなく、重症化の抑制、全身の健康維持、健康寿命の延伸といったQOL(生活の質)向上のためにも必要です。
現在、介護サービス受給者総数の約70%にあたる年間累計3,456万人(※)を含む、多くの高齢者が居宅サービスを利用していますが、一般的な介護サービス以外の情報を探すことは容易でなく、多くの方は「訪問歯科の存在」「口腔ケアの重要性」を知らないという現状です。
LIFULLでは、自宅に来てくれる歯科医を必要としている方に、適切な情報を提供し、高齢者の“口から食べる”を支えたいという想いから、歯科訪問診療の情報サイトを立ち上げ、サービスを開始することにしました。
なお、本サービスは、新事業の立ち上げを目指すフィジビリティプロジェクトの中でスタートしています。コーポレートメッセージに掲げる「あらゆるLIFEを、FULLに。」の実現に向け、世の中の様々な不安・不満・不便を解消し、あらゆる人々の人生と暮らしをより豊かにするサービス開発・提供を行ってまいります。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/post-2d8f.html

業界初!歯科学生が歯科医院でインターンする「OneDental インターン」が完全リニューアル

株式会社Dentability 歯科学生に新しいキャリア形成を提案する歯科医院インターン紹介サービス 超音波スケーラー用チップ
 株式会社Dentability(本社:東京都千代田区、代表取締役:松岡 周吾)は、株式会社トーコンマーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役:荻谷 淳)と共同で、歯科学生に特化した歯科医院インターンサービス『OneDental インターン』を、2018年3月に全面リニューアルして公開しました。歯科研磨機
OneDental インターンは、歯学部生・歯科衛生士学生の歯科医院への「インターン」を支援します。これまで歯科業界には「インターン」の文化がなく、業界初のサービスとなります。
https://latte.la/blog/100232417

歯科の関わりは、頭頸部のがんだけではない

全身麻酔手術では気管内にチューブを挿入するが、口の中の汚れが肺に押し込まれると肺炎の原因になる。抗がん剤治療をすると、口の中が荒れて食事が取りにくくなるほか、抵抗力が落ちて虫歯や親知らずなどから菌が入り込み、命に関わることもある。歯科技工用技工機器
 院内歯科が置かれる前は、手術前に歯科治療の必要性の高い患者だけ近隣の歯科医院に行ってもらっていたが、予約や治療に時間がかかると、がん治療の開始が遅れる要因にもなっていた。「一番不利益を被るのは患者さん。口が原因でがん治療が止まることはあってはならない」と石橋副部長は話す。歯科レントゲン
 センターの看護師は独自に口腔ケアを学んで対応してきたが、2013年にオーラルケアチームが置かれ、看護師、薬剤師と非常勤の歯科衛生士が週1回、肺炎のリスクの高い患者や放射線治療を受けた患者らの病棟巡回を始めた。歯科設置後は、巡回の情報を担当医や石橋副部長も共有し、医科と歯科の連携に万全を期す。
 地域の歯科医との連携にも力を入れる。石橋副部長によると、医科と歯科では、それぞれでは当たり前の略語が通じなかったり、文書だけでは依頼の意図がうまく伝わらなかったりすることがあるという。「在宅に移行した患者を診る地域の歯科医と、病院の医師の橋渡しが必要。つなぐのが病院歯科の役割だ」と話す。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/ai--3727.html

健康推進、草の根で食育

また食塩削減には約3600人の健康推進員の存在が欠かせない。県内各地の公民館で減塩料理の講習会を開催。家庭に出向き味噌汁の塩分を測定した。こうした運動で県民の理解を進めた。現在は野菜摂取拡大に力を入れている。超音波スケーラー用チップ
 たばこや食塩など危険因子への対応は効果はある。これが長寿への直接的な要因とすれば、間接的な分野でも異彩を放っている。
 滋賀医科大の三浦教授が注目するのはボランティアへの参加率。滋賀は1位だ。特にまちづくりのための活動が盛んだ。「積極的に地域との関わりを持つことで生活習慣も良くなる」と指摘する。歯科研磨機
 スポーツへの参加も盛んだ。三浦教授は「日本一広い琵琶湖が真ん中にあり、周辺は公園も多く運動しやすい環境がある」とみる。
 他に何か滋賀ならではの秘密はないのか。見つけたのが近江八幡市に伝わる不老長寿の果実「ムベ」伝説だ。この地で天智天皇が健康的な老夫婦に出会った。夫婦は長寿の秘密としてある果物を差し出した。一口食べた天皇は「むべなるかな(もっともだ)」と発したと言い伝えだ。
 ムベはアケビ科の一種で秋に実がつく果物。「前出のむべ家」(近江八幡市)ではムベを原料にしたソーダ飲料やワイン、アメなどの加工品を販売している。
 さらにこんなデータに出くわした。人口10万人当たりの飲食店数だ。滋賀は46位。店が少ない。ただ裏返せば家庭でバランスの良い食事をする機会が多いことになる。結果として健康につながるわけだ。
 男性だけではない。女性の平均寿命も伸び、15年は4位だ。衛生科学センターの井下所長は「男女とも長寿日本一になるのも夢ではない」とみる。県では「環境要因が長寿にどう関係するのか、滋賀大学に分析してもらっている」(健康寿命推進課)。5月上旬にまとめ、ホームページで公開する計画だ。
 禁煙し、食塩と脂肪の取り過ぎに注意する。そして適度な運動。言うは易(やす)く行うは難しだが、滋賀に住んでいるのを機に実践したいものだ。
https://latte.la/blog/100232240

日立と東京医歯大 AIでリウマチ早期発見

日立製作所と東京医科歯科大学は19日、潰瘍性大腸炎やリウマチなど難病の早期発見を進める連携協定を結んだと発表した。患者の症状や検査結果を集めて人工知能(AI)で解析するなどして、必要な検査や治療をできるだけ早く始めるのが狙い。日立はAIや、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を駆使した医療機器などの開発につなげる。歯科技工用技工機器
 同日午前に東京医歯大(東京・文京)で開いた記者会見には、同大学の吉沢靖之学長と日立の渡部真也ヘルスケアビジネスユニット最高経営責任者(CEO)が出席。渡部CEOは「互いの強みを生かし、世界トップクラスの研究事業を進めたい」と話した。歯科レントゲン
 日本では高齢化や医療技術の進歩に伴い、医療費が増えている。潰瘍性大腸炎やリウマチ、パーキンソン病などの難病は国内に約50万人の患者がいるが、町の診療所などで他のありふれた病気だと判断され、必要ない検査や効果が無い投薬を患者が受けている可能性がある。
 日立と東京医歯大は診療所で問診した患者の自覚症状や磁気共鳴画像装置(MRI)、コンピューター断層撮影装置(CT)を使って撮影した患部の画像などをAIで解析したり、IoTで東京医歯大へ送って専門医が診断に使ったりするシステムを構築。難病の早期発見や治療につなげ、医療費抑制を目指す。
 東京医科歯科大が蓄積してきた難病研究の成果と、日立の画像技術などを持ち寄る。日立は難病発見に役立つ医療機器などを開発し、事業化を目指す。
http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/04/post-7b3f.html