他病院の協力も得て、洗浄清浄度と安全性を確認

今回開発されたケディクリーンは、超音波洗浄のみで汚れの完全除去が可能で、事前洗浄と汚れのブラッシング除去が必要ない。さらに、鋭利な医療器具にメッシュ容器への投入・取出しなどで直接触れる必要がなく、高い清浄効果が得られる。また、ケディクリーン TZKをベースにしたWD用無泡性洗浄剤であるケディクリーン EXを開発したことで、より幅広く洗浄機への対応が可能となった。歯科技工用技工機器

同洗浄剤の開発にあたっては、歯科生体材料学分野と共同研究を行い、洗浄対象材料への影響がないこと、洗剤の残渣のないこと、洗浄機の構成材料への影響がないことなど、多角的な調査を行い、データを蓄積。約3年を経て今回の販売に至った。その上で、洗浄剤の清浄度や洗剤残渣評価測定は、宮城県産業技術総合センターにおいても実施したという。また、東北大学病院での試用評価から全診療科の器具洗浄評価で良好な結果が得られたことから、ケディクリーンTZK201612月より、ケディクリーンEX20178月より定常使用している。さらに、同大病院での実績を基に、仙台市立病院、宮城県立がんセンター、他病院の協力を得て、WDと超音波洗浄機の洗浄評価を行い、洗浄清浄度と安全性を確認しているという。歯科レントゲン

同製品は、開発段階から宮城県内の病院での歯科洗浄剤ニーズや各社WDの使用状況調査を行い、製品化に協力している医療商社のシバタインテックが販売する。さらに、現在開発中の製品もあり、同大病院内で検証を続け、さまざまな用途に応じた製品を充実させていく予定としている。

评论

此博客中的热门博文

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山

診察報酬水増し請求、歯科医を再逮捕 京都府警