子どもたちは十分早期に歯科検診を受けていない-FDIの国際調査で判明

【ジュネーブ2018320PR Newswire=共同通信JBN】世界オーラルヘルスデー(WOHD)に際し、FDI世界歯科連盟(FDI World Dental Federation)は世界中の親に対し、どのようにわが子の口腔衛生の世話をしたか質問したが、その回答は改善の余地を示唆するものであった。健康な口腔を維持することは、その正しい機能を保ち、総体的な健康と幸せを維持するために極めて重要である。超音波スケーラー用チップ

10カ国で実施した調査によると、18歳以下の子どもを持つ親のわずか13%しか、歯科初診の推奨年齢である1歳の誕生日以前に子どもを歯科医院に連れて行っていない。多くの親は1-3歳(24%)か4-6歳(22%)の時に子どもを初めて歯科に連れて行っているが、20%の親は子どもを歯科診察に連れて行ったことがないと報告している。歯科研磨機

FDI会長のキャスリン・ケル博士は「大半の子どもが推奨年齢時に歯科診療を受けていないと知って懸念している。口腔衛生の良い習慣は早く始める必要がある。幼児の虫歯進行リスクを回避する予防措置として、子どもの最初の歯が生え始めたら歯科を訪問すべきである。口腔疾患は生活のあらゆる面に影響を与え、多くの総体的健康状態に関係している。この世界オーラルヘルスデーに、われわれは人々が自身の口腔衛生と総体的健康を関連付け、一方が他方に与える影響を理解してほしいと思う。あらゆる年齢の口腔と身体を守る方法を知ることは、生活の質向上に寄与する」と語った。

わが子を歯科に連れて行った親の半数(50%)は、その理由を通常の歯科診察と説明している。しかし、これは英国(82%)、スウェーデン(77%)、アルゼンチン(65%)、フランス(63%)、米国(63%)、オーストラリア(56%)、中国(34%)では最も多い回答だったものの、エジプト、フィリピン、モロッコでは多くが子どもの口腔の痛みや不快感を歯科に行った理由に挙げている(それぞれ56%43%38%)。

评论

此博客中的热门博文

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山