博文

目前显示的是 六月, 2017的博文

酒酔いの医師が、手術室に入ってきたらどう思う?

突然ですが、想像してみてください。
早朝、急にお腹が痛くなり、一歩も動けなくなりました。救急車で運ばれた先で盲腸(虫垂炎)と診断され、緊急手術をすることに。 ところが手術室に入ってきた医師からアルコールの香りがします。顔も赤いようです。どんな気持ちになるでしょうか? 「やめろ、訴えてやる!」と思ってしまいそうです。超音波スケーラー用チップ
実は、それと匹敵するような事態が日常的に起きていてもおかしくないというのが、いまの日本の医療の現状なようなのです。
医師は働き方改革の「例外」
いま、「働き方改革」が注目を集めています。歯科研磨機 この3月、政府がまとめた「働き方改革実行計画」では、時間外労働の上限を原則1か月45時間とし、労使が合意した場合は1か月平均60時間(特に忙しい月は100時間未満)とすることになっています。もし、この上限を超えた場合、罰則が課されることになります。

しかし医師は、この「働き方改革計画」において例外とされ、2年後(2019年3月)をめどに「規制の具体的な在り方や、労働時間の短縮策等について検討し、結論を得る」とされました。要は、先送りになったということです。
http://1137.jp/post/entry/10703

獣医学-規制は国民のメリットか?

最後に、今回の獣医学部設置は例外的に1校に限り認可されたものであり、「岩盤規制」が解除されて獣医学部の設置や入学定員の増加が自由化したわけではない。しかし既設大学が入学定員を順守することで減少する獣医師の数を現在の数まで戻すためには、入学定員をさらに増加する必要がある。超音波スケーラー用チップ
「岩盤規制」により獣医師の数を抑制することは小動物臨床獣医師のビジネスを守るために必要であることは間違いない。しかし規制は国民にとってメリットがあるのだろうか。規制賛成派の論理は、獣医師教育には多額の国税を投入するので、獣医師免許が不要な職域に人材供給をすることは税金の無駄遣いと断罪する。一見もっともらしいこの論理が正しければ、獣医師だけでなく医師、歯科医師、薬剤師などの国家資格教育も同じことになり、それぞれの免許が必要な職域にしか就職できないことになる。歯科研磨機

しかし、筆者自身は獣医師免許が必要ではないライフサイエンスや公衆衛生の職域で働いてきた。筆者の教え子の中には金融、広告など獣医師免許が不要な職種で活躍している人材もいる。そして重要なことは獣医学教育という背景がその活躍を支えていることだ。それは税金の無駄遣いどころか獣医師の職域を広げ、その社会的地位の向上にもつながるだけでなく、税金を投入して教育を行うだけの価値があるものと筆者は考えている。
http://luccye.hamazo.tv/e7503065.html

口から食べると表情が生き生きしてくる

「口から食べることは生きる基本です。口と脳はつながっているので、口から食べられるようになると、表情が生き生きとしてきて、口数が減っていた人がしゃべるようになることもあります。好きなものなら食が進むので、栄養も取りやすいでしょう。免疫力が高まって肺炎の予防にもなります。生きることは食べることですよね」ホワイトニング機器

 五島さんは、高齢者を訪問すると、肩から口の周り、さらに口の中に指を入れて粘膜をマッサージする。舌や頬の粘膜を刺激して動きをよくすると、唾液の分泌量が増え、ぼーっとしていた人の表情がくっきりしてくるという。高齢者のお口のケアは、口から食べて食事を楽しみ、元気でいるためにも欠かせない。高齢者を支えていこうと、五島さんは今日も自転車で新宿の街を走っている。歯科根管治療用
https://latte.la/blog/96153508

食べる力を回復するため、管理栄養士らと協力

「だれもいない」と気づいた五島さんは、「自分たちでやるしかない」と頭を切り替え、2009年に関係する専門職の参加を募って、「新宿食支援研究会」というグループを結成した。モットーは「最期まで口から食べられる街、新宿」。食事指導ができる管理栄養士と訪問診療を始めたのが始まりで、嚥下障害を担当する言語聴覚士や理学療法士といったリハビリ職、医師や看護師、薬剤師、介護士やケアマネジャーなど、高齢者の医療・介護にかかわる人たちが加わっている。
 「歯科医は、かめるようにすることはできますが、飲み込む訓練や、どうすればおいしく食べやすいか、という知識はありません。口から食べて元気になってもらうには、それぞれの専門職が必要です」と話す。エアーコンプレッサー
 嚥下リハビリでは、飲み込むための筋肉を鍛える体操や、とろみをつけたスープなどから始める飲み込みトレーニングを行う。管理栄養士は、食欲が落ちている高齢者でも食べやすい食品や食べ方を、本人の好みを知っている家族と一緒に考えて提案する。硬くて食べにくければ、30秒で済ませていたフードプロセッサーを1分かけるようにするといったきめ細かなアドバイスが日々の食事ではものを言う。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー
 五島さんは、サラダせんべいを食べてもらって様子を観察することがある。4分の1を食べるのに80回もかむ人がいた。高齢者はだ液の分泌量が減るが、飲んでいる薬によっては副作用で唾液の分泌をさらに抑えてしまうこともある。飲み込む筋肉の働きも低下していると、ひと口のせんべいを飲み込むのもひと苦労だ。普通の食事量を食べようとして1時間以上かかってしまうと、それでは疲れてしまって毎食は食べ切れない。そんな人には「一回の食事は30分で打ち切って、分けて食べましょう」というアドバイスが効果的なこともある。一般成人ではダイエットが気になる人が多いが、高齢になると抱える問題が全く異なる。体重を落とすのは容易だが、回復は難しい。

 厚生労働省は昨年、高齢者宅の訪問歯科診療を強化する方向性を打ち出した。東京医科歯科大学歯学部口腔保健学科の荒川真一教授は「高齢者の口腔ケアは、細菌を減らして歯周病など口の疾患、肺炎や心臓血管の病気、糖尿病など関連する全身病を予防するだけではなく、食べる機能の維持回復にも重要です。高齢者は低栄養にも配慮する必要があります」と指…

日本医科大生が東京医科歯科大病院の医師を刺した白昼の戦慄 狂気に走らせたのは「女性トラブル」

東京医科歯科大歯学部付属病院(東京都文京区)で、歯科医師の首や腹を刃物で刺したとして、殺人未遂の疑いで、日本医科大医学部4年の渡辺祐介容疑者(30)が現行犯逮捕された。現役の医大生が病院内で刃物を振り回した凶行の裏側には、いったい何があったのか。
白い巨塔に響いた怒号
 「てめえ、何してくれてんだよ!」。男の怒号とともに、女性の悲鳴や診察台が倒れるもみ合いの音が病院の静寂を切り裂く。人命を救う医師を目指すはずの医大生が手にしたのは、メスではなく刃渡り約21センチの牛刀やナイフ。白衣の下に刃物を隠し、外来患者で混み合うフロアを抜けて処置室に入ると、いきなり勤務中の男性歯科医師(41)に切りかかった-。歯面清掃用ハンドピース
 事件が起きたのは午前10時半ごろ。診察に訪れていた墨田区の女性(39)は、「先生が刺された!」という職員の叫び声で身体が凍り付いた。診察や治療はストップし、職員たちがフロアを慌ただしく駆け回る。外来患者への詳しい説明はなく、「急病人が出たのでしばらくお待ちください」とアナウンスが流れたのみだった。
 渡辺容疑者は間もなく処置室にいた他の医師らに取り押さえられ、病院職員が「医師が刃物で刺された」と110番通報。駆けつけた警視庁本富士署員が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。首や腹を刺された歯科医師は担架で運ばれており、目撃した女性は「顔にガーゼが貼ってあって痛々しかった」と証言。歯科医師は3週間の重傷を負ったが、命に別条はなかった。ホワイトニング機器
 事件発生後、JR御茶ノ水駅にほど近い同病院には捜査員や病院関係者が頻繁に出入りし、一時騒然とした。渡辺容疑者が籍を置く名門私大の日本医科大(文京区)にも衝撃が走った。
http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/44945

歯周病が「玄米」「小松菜」で改善する理由

歯周病は実に恐ろしい病気だ。歯の周りの骨が溶け、歯茎が赤く腫れる、血が出る等の症状が現れ、最終的には歯が抜ける。お年寄りになると入れ歯が増えるのは歯周病の影響だ。
 その特徴は「3S」と言われる。まず「Silent(静か)」。自覚症状が少なく、重症化しないと気づけないのだ。次に「Social(社会的)」。歯周病は日本人の成人の8割以上が罹患していおり、歯を失う原因の第1位、由々しき問題なのだ。最後は「Self Controllable(予防可能)」。ケア次第で、予防可能といわれている。歯科レントゲン
 ケアの常識は単純だ。今まで「歯周病の最大の原因は歯垢に潜む細菌である」とされてきた。そこで「日常的に歯と歯茎を丁寧にブラッシングし、歯垢を除去することが最も有効だ」といわれる。
 しかし、丸橋全人歯科の辻本仁志院長は、別のアプローチを試みていた。
「もちろん歯垢除去は大切ですが、これに加え3週間ほど、食事の糖質を少なくするか、白米を玄米に変えてみてほしいのです。初期の歯周病であれば、症状が劇的に緩和される場合がありますよ」
 丸橋全人歯科は、その名の通り「歯は全身と影響を及ぼしあっている」と考え、治療を行う歯科医だ。現状の保険制度では、この病院の医師たちが考える治療がしにくいため、保険を利用しない形で治療を行っている。家庭用・歯科用超音波スケーラー
 辻本院長よれば、先の主張をするにあたって、重要なデータがあったという。
「実は、縄文人は歯周病がほとんどなかったのです。また、先代の院長は歯と全身の関連を研究するため、モンゴルでも調査を繰り返しました。結果、都市部では歯周病が見られたもののの、遊牧民の間ではほぼ見られなかったのです。ブラッシングに関しては、我々、現代の日本人のほうが、よほどしっかり実践しているにもかかわらずです」
 辻本院長らは「現代日本人の生活習慣や食生活に原因があるのでは?」と話し合うようになった。そんななか、辻本院長はある法則性に気づいていった。

「患者さんの中に、ブラッシングを徹底的に行ない、スケーリング(歯石の除去)を行っても、歯周病がどんどん悪化していく方たちがいました。しかも、これらの患者さんは、歯周病で歯がなくなったあと、インプラント治療を行うために歯のまわりの骨を補強する手術を行っても、元の骨が柔らかすぎて、いい結果が出せないのです」
http://l…

児童346人 学校の歯科検診「要受診」の6割以上が医者行かず

兵庫県内の小中高校、特別支援学校の歯科検診で、平成28年度に虫歯などで「要受診」と診断された児童・生徒のうち、65%が歯科を受診していない可能性のあることが22日、県保険医協会の調査で分かった。ほとんどの自治体で中学生以下は医療費無料が制度化されているが、同協会は「その制度を知らず、貧困などの理由で受診させていない家庭があるようだ」と分析している。

虫歯1人10本以上の児童・生徒続出…「パン食べられない」スリーウェイシリンジ用 ノズル

 学校歯科検診は全国の小中高校などで毎年行われている。調査は「要受診」の診断を受けた子供の受診動向や、歯科保健指導の状況を把握するのを目的に、県保険医協会が3月に初めて実施。県内全ての公立私立小中高校・特別支援学校計1409校のうち274校から回答があり、回答率は19・4%だった。

 調査によると、検診を受けた児童・生徒11万415人のうち31・6%にあたる3万4869人が要受診と診断された。未受診か受診を確認できなかったのが小学生で46%、中学生64%、高校生は84%に達した。歯科レンチ式

 未治療の虫歯が1人で10本以上あるなど「口腔(こうくう)崩壊」と呼ばれる状態の児童・生徒の有無については、回答した学校の35・4%にあたる97校が「いる」と答え、子供の数は合わせて346人だった。

具体的には「乳歯が全て虫歯の児童が数人いる」「歯肉炎も重度。パンが食べられない」「歯がない状態で親に伝えても『困っていない』と言われた」などの報告事例があったという。

 同協会の担当者は「共働きや貧困などで子供を歯科に連れていくことができない家庭もある。学校で個別に家庭状況を把握したうえで指導することが必要だ」と話した。

http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/44879

“認知症と関係あり”虫歯と歯磨きの新常識

今週は「歯と口の健康週間」。虫歯を防ぐと認知症予防につながるとする最新の研究結果もある。全国一、虫歯が少ない県で行われている対策とは何か?虫歯を防ぐ秘けつを探る。スリーウェイシリンジ用 ノズル


■目標は「80歳で20本」、現実は―

 虫歯を予防する意識は、日本はまだまだ低い。大人の歯は、“親知らず”を含めると32本あるが、何でも食べられるようにするには80歳で20本残すことが目標とされている。

 ところが、先週、厚生労働省から出されたデータによると、80歳から84歳で残っている歯は、平均で15本。昔に比べると増えてきたものの、目標までは程遠いのが現状だ。歯科レンチ式


■日本は“虫歯になって受診する”

 この背景のひとつにあるのが、歯科医院を受診する目的だ。日本では検診など予防のために受診する人は24.8%、虫歯になった後の治療目的の人は64.4%いるという。一方、世界に目を向けると、アメリカでも、スウェーデンでも、7割ほどの人が予防の目的で歯科医院を受診している。この違いは何だろうか。

 日本歯科大学附属病院・倉治ななえ臨床教授は、「基本的に、日本では予防が自費だが、欧米では予防に保険がきく国もあるなど保険制度の違いや社会的要因で国民に意識の差があるのでは」と、保険制度の違いをあげている。

http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/44811

秋大チーム、乳がん転移診断を短縮 産学官開発の装置活用

秋田県産業技術センター(秋田市)や精密機器メーカーの秋田エプソン(湯沢市)などと共同開発した「電界撹拌(かくはん)染色装置」を用い、秋田大などの研究チームが、乳がんのリンパ節への転移の有無を診断する時間の短縮に成功した。従来の6分の1以下の時間で診断できるようになった。研究に携わった同大医学部付属病院胸部外科学講座の寺田かおり医員は「手術中に精度の高い診断ができる」と強調。患者の負担軽減にもつながるとしている。研究論文は5日付の英科学誌サイエンティフィック?リポーツ電子版に発表された。ボトル付きスケーラー

乳がんの手術では、脇の下のリンパ節全体も一緒に切除する必要があるかを判断するため、最初に転移する「センチネルリンパ節」の術中診断が普及している。歯科用切削研磨セット

検査は、リンパ節の組織をすりつぶして遺伝子を調べる「OSNA法」と、2色の色素で細胞を染め分けて判断する「HE染色法」が主流。ただOSNA法は精度が高いものの検査料が高額、HE染色法は安価だが判別が難しいケースがあるなど、一長一短があった。

HE染色法に、がん細胞だけを染める「免疫染色法」を併用すれば精度が高まるが、免疫染色は判別まで2時間以上かかり、通常1時間半~2時間とされる乳がんの手術中には実施できなかった。

このため、寺田さんらは、染色装置を免疫染色に用いることで、センチネルリンパ節の診断に必要な時間を短縮できないか研究した。

http://luccye.hamazo.tv/e7476595.html