“認知症と関係あり”虫歯と歯磨きの新常識

今週は「歯と口の健康週間」。虫歯を防ぐと認知症予防につながるとする最新の研究結果もある。全国一、虫歯が少ない県で行われている対策とは何か?虫歯を防ぐ秘けつを探る。スリーウェイシリンジ用 ノズル


■目標は「80歳で20本」、現実は―

 虫歯を予防する意識は、日本はまだまだ低い。大人の歯は、“親知らず”を含めると32本あるが、何でも食べられるようにするには80歳で20本残すことが目標とされている。

 ところが、先週、厚生労働省から出されたデータによると、80歳から84歳で残っている歯は、平均で15本。昔に比べると増えてきたものの、目標までは程遠いのが現状だ。歯科レンチ式


■日本は“虫歯になって受診する”

 この背景のひとつにあるのが、歯科医院を受診する目的だ。日本では検診など予防のために受診する人は24.8%、虫歯になった後の治療目的の人は64.4%いるという。一方、世界に目を向けると、アメリカでも、スウェーデンでも、7割ほどの人が予防の目的で歯科医院を受診している。この違いは何だろうか。

 日本歯科大学附属病院・倉治ななえ臨床教授は、「基本的に、日本では予防が自費だが、欧米では予防に保険がきく国もあるなど保険制度の違いや社会的要因で国民に意識の差があるのでは」と、保険制度の違いをあげている。

http://cogoole.jp/searches/blog_detail/637/44811

评论

此博客中的热门博文

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯並び悪い人にオススメの虫歯予防法!