秋大チーム、乳がん転移診断を短縮 産学官開発の装置活用

秋田県産業技術センター(秋田市)や精密機器メーカーの秋田エプソン(湯沢市)などと共同開発した「電界撹拌(かくはん)染色装置」を用い、秋田大などの研究チームが、乳がんのリンパ節への転移の有無を診断する時間の短縮に成功した。従来の6分の1以下の時間で診断できるようになった。研究に携わった同大医学部付属病院胸部外科学講座の寺田かおり医員は「手術中に精度の高い診断ができる」と強調。患者の負担軽減にもつながるとしている。研究論文は5日付の英科学誌サイエンティフィック?リポーツ電子版に発表された。ボトル付きスケーラー

乳がんの手術では、脇の下のリンパ節全体も一緒に切除する必要があるかを判断するため、最初に転移する「センチネルリンパ節」の術中診断が普及している。歯科用切削研磨セット

検査は、リンパ節の組織をすりつぶして遺伝子を調べる「OSNA法」と、2色の色素で細胞を染め分けて判断する「HE染色法」が主流。ただOSNA法は精度が高いものの検査料が高額、HE染色法は安価だが判別が難しいケースがあるなど、一長一短があった。

HE染色法に、がん細胞だけを染める「免疫染色法」を併用すれば精度が高まるが、免疫染色は判別まで2時間以上かかり、通常1時間半~2時間とされる乳がんの手術中には実施できなかった。

このため、寺田さんらは、染色装置を免疫染色に用いることで、センチネルリンパ節の診断に必要な時間を短縮できないか研究した。

http://luccye.hamazo.tv/e7476595.html

评论

此博客中的热门博文

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯並び悪い人にオススメの虫歯予防法!