オンライン資格確認——日本歯科医師会副会長 牧野利彦

 オンラインによる資格確認への動きが加速している。これは国民の健康寿命のさらなる延伸と、効果的・効率的な医療・介護サービスの提供(生産性の向上)を目的とするデータヘルス改革の一環だが、その基盤構築に向けた調達作業に本年秋から取り掛かるため、予算化された議案が社会保険診療報酬支払基金本部の理事会に上程された。歯科レントゲン

 今の家族単位である被保険者番号を2桁足して個人単位化し、オンライン資格確認システムを導入して、ビッグデータと連結し、保健医療記録の共有の際にIDとして活用する。受診時に被保険者証やマイナンバーカードをカードリーダーで読み取り資格確認をするので、失効保険証の利用による過誤請求がなくなる。また、患者本人はもちろん、本人の同意があれば医療機関も特定健診データや服薬情報が閲覧可能となり、予防健康づくりや重複投薬の削減が期待できるとのことである。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 何か良いことばかりがうたわれている。このシステムの導入は任意と言うから、システムを導入している保険医療機関ではマイナンバーカードで受診できるが、未導入の機関では受診できない事態が起こってくる。セルフメディケーションやOTCの時代で、レセプト情報にはないが服用している薬もあるだろうし、必ずしも全ての重複投薬が避けられるものではない。また、カードリーダーやオンラインの整備費用を誰が負担するのか等の実務面の課題もある。これらを洗い出し、拙速なシステムの本格稼働による混乱が起こらないように充分監視しながらも歯科界が時代の流れに遅れないよう情報収集に努め発言していく所存である。

评论

此博客中的热门博文

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

診察報酬水増し請求、歯科医を再逮捕 京都府警

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山