ドリームチーム?歯科医師国家試験委員はビックネーム揃い

112回国試の試験委員の顔ぶれを見ますと、111回と同様にかなりのビッグネームの先生方がそろっています(サッカーワールドカップで言いますと日本代表です。ベルギー戦惜しかったです!)。歯科レントゲン

今の国試のトレンドを考えるうえで、何名かの先生方をピックアップしてみますね。

今回試験委員長になられたのは佐々木啓一先生(東北大学大学院教授:部分床義歯学)です。佐々木先生は日本補綴歯科学会の理事長も務められた先生で、111回国試では副委員長でした。ということは…111回と同様の出題傾向(=現場思考型問題とプロセス重視型問題の増加)が続くと考えてよいのではないかと思います。家庭用・歯科用超音波スケーラー

村上伸也先生(大阪大学大学院教授:歯周病学)は歯周組織再生療法の研究で大変著名です。111回国試でも出題されたFGF-2(商品名:リグロス)の開発の中心となった先生です。歯周組織再生に関する事項だけでなく、再生医学の基礎的(理論的)な事項も含めて出題される可能性もありますね(ちなみに110回国試ではスキャホールドに関する問題が出題されています)。

评论

此博客中的热门博文

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山

診察報酬水増し請求、歯科医を再逮捕 京都府警