「40~50代は骨が弱くなり、歯が欠けやすくなる時期です

  虫歯でなかったとしても、かみしめや食いしばりでも奥歯にヒビや亀裂が入り欠けてしまう傾向があります。超音波スケーラー

 歯が欠けた場合、欠けた部分が少なければ、かぶせものやさし歯で治療します。ひと昔前は、銀を含む合金や金でかぶせものをすることが多かったのですが、最近はセラミックやジルコニアなどの素材を使うケースが増えています。口腔内カメラ

 金属イオンが身体にたまるといわれているため、先進国では、すでに金属のかぶせものは使っていません。日本くらいですね」(若林先生)

「お悩みのインプラントですが、50代で早いということはありません。むしろあごの骨がしっかりしているうちにインプラントにするのはオススメです。

 歯がどのように欠けたのかわかりませんが、根っこがしっかり残っていれば、かぶせものでもかまいませんよ。ただ、歯周病があるなら、インプラントがオススメ。かぶせものは保険診療で使われるものは見た目が悪く、作製技術も違います。

 そのため私のクリニックでは、保険診療外のセラミックやジルコニアを選ぶ人が多いですね。保険診療外のかぶせものは120万円程度します。あとから、やっぱりインプラントを入れようとなると、140万~50万円はするので、もったいないと思います」

评论

此博客中的热门博文

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山