歯周病の元凶はプラーク

 記者は冷たいものを飲んで歯茎がしみたり、歯茎が腫れて痛かったりしたとき、「放置と痛み止め」でごまかしていたのだが、こうした歯周病の予兆があったときはなるべく早く歯科医院を訪ねたほうがいいという。歯周病が進行すればするほど治療に時間がかかり、治療の痛みも増えるし、場合によっては抜歯せざるをえなくなるからだ。歯科技工用技工機器

 歯肉溝のプラークに棲みついた歯周病菌が歯をグラグラにさせるのは、歯肉溝の下にあるセメント質や歯根膜へと侵蝕して、最終的に歯を支える骨(歯槽骨)を壊していくからだ。「つまり、歯周病の元凶は歯肉溝に溜まったプラークなんです。これを歯みがきでしっかり取り除けば、歯周病は防げるということになります」(前出の嶋田院長) 歯肉溝のプラークを取り除くことが、健康な歯を保つための歯みがき法なのだ。歯科レントゲン

评论

此博客中的热门博文

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山

診察報酬水増し請求、歯科医を再逮捕 京都府警