歯以外の原因で歯痛が起こる「非歯原性歯痛」

「非歯原性歯痛」とは歯には原因がないのに歯が痛くなるケースです。
歯が痛くて歯科医院に行っても、虫歯や歯周病を始め、歯にはどこも悪いところが見つかりません。これらは原因が別のところにあるのに歯が痛くなる「関連痛」と呼ばれるものです。歯科技工用技工機器

■アゴの周囲の筋肉による歯の痛み
アゴ周辺の筋肉の使いすぎなどの筋肉疲労で、筋肉が原因で歯が痛くなるケースがあります。歯の痛みの場所が不定だったり、痛みが鈍くなったりします。筋肉に原因がある場合、痛い歯に関連する筋肉にしこりのようなものが確認できるはずです。しこりを押すことで歯の痛みが再現される場合、筋肉をリラックスさせることで症状が改善します。歯科での受診をお勧めします。歯科レントゲン

■副鼻腔炎などが原因の歯の痛み
風邪をひいたら上の奥歯も痛くなってきて、風邪が回復すると歯の痛みも改善するようなケースです。痛みがひどい場合は耳鼻科を受診し適切な処置を受けましょう。

■頭痛が原因の関連痛による歯の痛み
頭痛に関連して歯が非常に痛くなることもあります。頭痛が落ち着くと歯の痛みも消失することがあります。脳神経外科や、頭痛外来などで相談して頭痛のケアを優先しましょう。

评论

此博客中的热门博文

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山