システインから硫化水素とセリンを生成する機構を解明

今回、研究グループは、硫化水素産生酵素Fn1055がシステインから硫化水素とセリンを生成する反応機構を解明。この酵素は、最大で1秒間に約4回の速さで反応を行うが研究グループは、酵素反応をミリ秒(1000分の1秒)オーダーで追跡し、この酵素が硫化水素を含む生成物を産生する詳細な機構を明らかにしたという。歯科技工用技工機器

また、決定した反応前の酵素の立体構造を参考に、酵素の反応が途中で停止するような仕掛けを施すことで反応の中間状態(α-アミノアクリル酸中間体複合体)の構造解析にも成功。反応には、酵素の構造変化を伴うことが強く示唆されたという。歯科レントゲン

今回の研究成果について、研究グループは、「硫化水素産生酵素特異的な阻害剤の開発に寄与すると考えられ、新たな洗口液成分の開発にもつながることが期待される」と述べている。(遠藤るりこ)

评论

此博客中的热门博文

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山