がん治療の最前線テーマに講座 岡山、市民220人が理解深める

 「最新・最適ながん治療」をテーマとする市民公開講座(中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム主催)が25日、岡山市内で開かれた。市民ら約220人が多様化するがん治療の最前線に理解を深めた。歯科技工用技工機器

 岡山大大学院の平木隆夫准教授(放射線科)は初期の腎臓がんに太さ約1・5ミリの針を刺し、超低温にしてがん細胞を死滅させる凍結治療について解説。「切る手術に比べて患者の体への負担が軽く、入院期間は短い。治療後の生存率も高い」と利点を挙げた。中四国唯一の「がん陽子線治療センター」を岡山大と共同運用する津山中央病院(津山市)の脇隆博医長は、症例と経過を紹介した上で、前立腺がんなど保険適用される疾患が今春から拡大されることを説明した。歯科レントゲン

 皮膚がんの一種「悪性黒色腫(メラノーマ)」の診断と治療、思春期・若年成人を指す「AYA世代」(15歳~30歳前後)と小児を対象としたがん治療に関する岡山大病院医師の講演もあった。

评论

此博客中的热门博文

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山