東大、慶應も凋落の衝撃 医学部ヒエラルキーの崩壊

 ここのところ、東大合格者数ランキングの1位は開成高校(東京都)の指定席となっています。しかし、あらゆる大学、学部でもっとも難関とされる東大理科Ⅲ類(医学部医学科に進学するコース)の合格者数では、灘高校(兵庫県)がずっと1位を独占してきました。灘は京大医学部の合格者数でもトップです。それによって受験界で「最強高校」の名誉を手にしてきました。歯科技工用技工機器

■医学界に君臨する「旧七帝大」

 なぜ受験エリートの人たちが東大理Ⅲや京大医学部を狙うのでしょうか。それはこれらの大学が最難関であるだけでなく、医学・医療界でも頂点に立っており、「エリート医師」の道が約束されると思っているからではないでしょうか。歯科レントゲン

 確かに、医学部には歴史的な成り立ちに基づいたヒエラルキー(序列)があります。その頂点に立つのが、明治から昭和初期にかけて「帝国大学」と称された、東京大学を筆頭とする「旧七帝大(東京、京都、九州、東北、北海道、大阪、名古屋)」です。これら旧七帝大は事実上、医学研究者や教育者、学会リーダーの育成機関としての役割を担ってきました。

 実際、これらの大学は母校だけでなく他大学にも多くの医学部教授を送り出してきました。伝統ある各医学会でも理事長など枢要な地位に就くだけでなく、全国的に有名な病院の院長や部長職を占めることで、明治以来日本の医学・医療界に君臨し続けてきたのです。

评论

此博客中的热门博文

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山

診察報酬水増し請求、歯科医を再逮捕 京都府警