認知症はどう予防すればいい?

認知症予防にはやはり運動、ウオーキングなどの有酸素運動が効果的だといわれている。ただ、ダラダラとゆっくり歩いていては、効果がない。例えば友達をウオーキングをしておしゃべりができない程度、苦しくて話せないくらいの速いスピードで歩くことが大切だ。キツいが休みを入れながら、2日に1回、10分間以上を目安に速めのウオーキングを続けるといい。運動は、認知症のリスクを上げる糖尿病などの生活習慣病対策にもつながる。 ただ年をとればとるほどキツい運動が難しい人もいる。そこで、先ほどの朝田特任教授に日常生活の中でできる予防法も聞いた。歯科技工用技工機器

■運動と料理が効果的 東京医科歯科大学・朝田特任教授「これはなんといっても料理です。料理というのは、まずメニューを考えることから始めますよね。食材を集めてくることもある。それから調理して、適当なタイミングで炒めるとか、(料理は)多くの知的なプロセスを積み重ねてできているので重要」 ただ料理を作るだけでも予防の効果があるという。認知症予防はいくつかの作業を同時に行うことが脳を鍛えることにつながる。新たなことに直面する、というのが脳への一番の刺激になるから、作り慣れた料理だけではなく、今まで作ったことのない料理に挑戦することが重要だという。男性も女性も新しい料理に挑戦してみる、というのも、いいかもしれない。歯科レントゲン

评论

此博客中的热门博文

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山

診察報酬水増し請求、歯科医を再逮捕 京都府警