平成 30 年度 歯科衛生士に対する復職支援・離職防止等推進事業 実施団体公募要領

総則
高齢化の進展に伴い、歯科医療機関に受診する患者が増加し、今後、在宅や介護保険施設等において歯科医療サービスを受ける機会が増加するため、歯科衛生士は歯科診療所のみならず、在宅、介護保険施設、病院等の様々な場所で従事することが想定されています。歯科技工用技工機器

このため、各関係機関において必要な歯科保健医療サービスを提供していく観点から、歯科衛生士を確保していくことが必要不可欠ですが、実際には未就業者が数多く存在していることから、本事業では、歯科衛生士の人材確保を目的として、育児・介護等によって離職していた歯科衛生士の復職支援や、免許取得直後の新人歯科衛生士に対する基本的な臨床実践能力の獲得と離職防止を推進する事業を実施する団体(以下「実施団体」という。) 歯科レントゲン

を選定するため、以下の要領で公募するものです。

なお、当公募は事業実施期間を十分確保するため、平成 30 年度予算案に基づき、予算成立前に公募を行っています。採択・執行に当たっては、国会での平成 30 年度予算成立が前提となりますので、今後、事業内容や実施時期等に変更があり得ることをご承知置き下さい。

目的
 歯科衛生士の未就業者数が数多く存在していること、歯科診療所等への従事者数が慢性的に不足している課題に対応するため、介護等により離職していた歯科衛生士の復職支援や、免許取得直後の新人歯科衛生士に対する基本的な臨床実践能力の獲得と離職防止の推進を図ることを目的としています。

评论

此博客中的热门博文

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山