人はなぜ動物を殺すのか? ハンティングの実態に迫り、獲物解体シーンはホラー映画以上の衝撃『サファリ』

 少し前、アメリカ人の歯科医師がジンバブエで研究対象として保護されていた14歳のライオンのセシルを弓矢で射止め、その写真を自分のSNSにアップしたことで世界中から非難が殺到したことを覚えている方も多いと思います。この医師は世界でも最大のハンティング・クラブに所属しており、こうした行為を“トロフィー・ハンティング”と呼びます。文字通り、トロフィー(角や皮、頭部の剥製などの狩猟記念品)の獲得を目的とした狩猟で、動物たちの“狩り”とは違い、生存のための糧を得るものではなく、単に楽しみのために行なわれるもの。そんなトロフィー・ハンティングの実態に迫ったドキュメンタリーが本作『サファリ』です。『パラダイス3部作』で知られる監督のウルリヒ・ザイドルは、あるインタビューでこのように疑問を呈しました。「人はなぜ不必要に動物を“殺す”のか?」 歯科技工用技工機器

 現在、サハラ砂漠以南のアフリカ24か国で野生動物の狩猟が許可されていて、年間18500人のハンターがアフリカを訪れています。アフリカ諸国がこのトロフィー・ハンティングで得る利益は年間約217億円とされていて、各国の貴重な観光収入であるため積極的にこうしたハンターを受け入れているのです。歯科レントゲン

 通常のドキュメンタリー映画でしたら、こうした情報をナレーションが語り、観客をある結論に向けて誘導していきます。しかし、本作は違います。あくまでも淡々と、ハンティングが行なわれている場面に同行し、余計な語りを入れることなく、それを追い続けていくのです。

评论

此博客中的热门博文

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山

診察報酬水増し請求、歯科医を再逮捕 京都府警