生涯医療費は女性のほうが200万円以上高い

国民医療費は、患者数×患者1人当たりの医療費で算出されるので、患者数が多くても、患者1人当たりの医療費が高くても総額は高くなります。たとえば、厚生労働省「2014年患者調査」によると、循環器系疾患の患者はがんの患者の410倍いることが推計されています。また、65歳以上の女性で、筋骨格関連の患者はがん患者の5倍程度と推計されています。つまり、筋骨格関連や循環器系の疾患については、がんほど患者1人当たりの医療費は高くないものの、患者数が多いことによって総額が高くなっていると考えられます。超音波スケーラー用チップ

1人の人が生涯で必要となる平均医療費である「生涯医療費」も増加しています。2015年度データによれば、男性が2580万円、女性が2820万円でした。男女とも70歳以上で生涯医療費のおよそ半分を使います。自己負担するのは、このうち、所得と年齢に応じて13割で、残りは公的医療保険で賄われます。歯科研磨機

男女を比較すると、2049歳と75歳以上では女性の医療費のほうが高く、19歳以下と5074歳では男性の医療費のほうが高い結果となっています。女性の85歳以上が極端に高いのは、男女で余命が異なるからです。85歳の人の平均余命は、男性6.22年、女性8.30年と、2年以上の差があります。

评论

此博客中的热门博文

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山