ワンタフトブラシを効果的に使うコツを5つご紹介します

1)持つときはペングリップで
ワンタフトブラシの持ち方は、ペンを持つときと同じ“ペングリップ”が基本。歯科技工用技工機器

さらに手首をブラブラできるほど力を抜いて持つことが、小回りを利かせるためのコツです。

2)通常の歯磨きの前か後かで当てる場所を変えるワンタフトブラシを使うタイミングは、通常の歯磨きの前でも後でも構いません。歯科レントゲン

歯磨き前に使う場合は、食べかすやプラークなどの汚れが残りがちな部分に当てるように意識することで、その後の歯ブラシでの歯磨きが効率よく行えるようになります。

歯磨き後に使う場合は、歯ブラシでは落としきれなかった磨き残しにピンポイントで当てるようにします。

3)やさしい微振動で歯に当てる
ワンタフトブラシは歯面にやさしく毛先をあて、毛先を超音波で振動させるようなイメージで小さく動かします。微振動でも毛先がしっかり当たっていれば、汚れは落ちます。

反対にゴシゴシと磨くのは厳禁。歯ブラシ同様に毛先が開きやすくなり、歯肉を傷めることもあるので注意しましょう。

4)薬液の力を効果的に使う
歯ブラシが届かない歯周ポケットの中、汚れが溜まりやすい歯並びが悪いところや親知らずの周囲は、虫歯や歯周病のリスクが高い部分。

プラークを落とした後、ワンタフトブラシに虫歯予防に効果的な“フッ素”や、歯周料予防に効果的な消毒薬が含有された薬液をつけて磨きましょう。歯ブラシの届きにくい部分にも直接ブラシを当てることができるので、効果的に薬液の効能が発揮されます。

5)毛先が開いてきたら交換を
毛先が開いてくるなど、劣化してきたら交換したほうがよいのは、歯ブラシもワンタフトブラシも同じ。理想は23週間。最低でも1ヶ月に一度は替えるようにしましょう。


しかし、ワンタフトブラシは通常の歯ブラシよりもヘッドが小さいので劣化がわかりにくいという声もよく聞きます。慣れるまでは新しいものを2本買い、使用中のものと新品のものとを見比べながら使うという方法もオススメです。

评论

此博客中的热门博文

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山

診察報酬水増し請求、歯科医を再逮捕 京都府警