医療機関、不適切記載279件 厚労省が虚偽・誇大広告監視

 医療機関によるホームページ(HP)上での「絶対に安全な手術を提供します」といった虚偽誇大広告の取り締まりに向け、厚生労働省が8月下旬からインターネット上でパトロールを始めたことが4日分かった。こうした広告は特に美容医療の分野で目立っており、不適切な記載があるとして把握できたのは9月末までに279件。当該の医療機関に改善を求める。超音波スケーラー用チップ


 厚労省によると、脱毛や脂肪吸引などを行う「美容医療」で施術効果を誇張したり、安価な料金を掲載したりするケースが多いという。今年6月、医療機関のHPを「広告」とみなして虚偽誇大広告を禁止する改正医療法が成立した。歯科研磨機

评论

此博客中的热门博文

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山

診察報酬水増し請求、歯科医を再逮捕 京都府警