「むし歯になったら行くところ」って思ってない? 歯科医院の賢い使い方

「歯を磨いてもすぐ虫歯になってしまう」「口臭が心配」「思いっきり笑いたいのに歯が気になって手で隠してしまう」などなど、歯について悩んでいる女性は少なくないのでは?超音波スケーラー用チップ
20代の頃は服や化粧品にお金をかけていたけれど、年齢を重ねるうちに髪や歯のメンテナンスにお金をかけたいと思うようになったという声もチラホラ。
“若さ”にこだわるわけではないけれど、「人生100年時代」が到来すると言われている今、健康的に美しく人生を送りたいというのは多くの人が願うところなのではないでしょうか。歯科研磨機
「医療機関の中で、唯一病気になっていなくても行けるのが歯科医院」とキッパリ言うのは「株式会社オーラルケア」の歯科衛生士出口茜さん。むし歯や歯周病など病気になってからの「治療」ではなく、かかる前の「予防」を大切にしようという予防歯科を推進しています。
出口さんに「歯が気になるお年頃」の女性にとってためになるお話を4回にわたって聞きます。
「病気になる前に行けるのが歯科医院」
——どうしても歯科医院って「問題が起きてから行く場所」という意識がありました。メンテナンス目的だけで行ってもいいんですか?
出口:医療機関の中で、唯一病気になっていなくても行けるのが歯科医院なんです。私は、歯科医院は「自分が健康かどうかを確認する場所でなければいけない」と思っています。行けばお口の病気の防ぎ方もわかります。予防法はもう確立されているのですから、悪くなるのを待ってから行くのではなく、「病気にならないために通う」というのが本来の通い方だと思います。
——なるほど、むしろ行ったほうがいいんですね!
出口:ただし、日本は予防が自費診療になるので、予防歯科というのはあくまで自分の責任で行うものという扱いなんです。

——なるほど。

评论

此博客中的热门博文

海原やすよ・ともこ&友近が“女のキメツケ”語る

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山