永久歯の先天性欠如

 永久歯は親知らずを除くと全部で28本ありますが、生えてくるべき永久歯が生えてこないことを歯の先天性欠如と言います。これは何らかの理由で永久歯になるための歯の卵のようなものができなかったためで、本来あるべき永久歯がないために、乳歯が長く残る、歯と歯の間に隙間(すきま)が生じるなどにつながり、歯並びが悪くなることがあります。エアーコンプレッサー

 公益社団法人日本小児歯科学会の調査によると、先天性欠如は約10人中1人にみられ、その数は少しずつではありますが年々増加しています。

 先天性欠如の原因は未だ明らかではなく、因果関係も明確ではありませんが、「遺伝」や「妊娠中の栄養欠如」、「全身疾患」、「薬物乱用や副作用」などが原因と考えられています。また、不要な歯が淘汰(とうた)されつつあるという説もあります。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 永久歯の先天性欠如の歯科治療方法は年代によって異なります。

 まず、小学生以下の場合は一般的には乳歯の抜歯は行わず経過観察を行い、顎(あご)の成長を誘導します。中学生以上になると全体的な矯正治療が可能になってくるので、乳歯を抜歯して矯正器具を用いて歯並びを改善して隙間をカバーする治療をすることもあります。また、20歳を過ぎると残っている乳歯は自然に抜けていくことが多く、矯正治療による隙間の改善の他に、インプラント、入れ歯、ブリッジなどの併用による治療も選択肢となってきます。


 歯の先天性欠如が認められた場合は将来的な計画が必要です。矯正治療をするのか、そのまま乳歯を使い続けるのかなど、しっかりとかかりつけの歯科医院で相談してください。(府歯科医師会学術部)

评论

此博客中的热门博文

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯並び悪い人にオススメの虫歯予防法!