ニオイはもはや社会問題? 柔軟剤の「スメハラ」から体臭を脳内捏造する「自臭症」まで

 夏になると急増するのが制汗剤のコマーシャル。たくさん汗をかく季節になって、ニオイを気にする人が増えている証拠と言えるだろう。超音波スケーラー用チップ

 ただ、ニオイはかなり「感覚的」で「個人差が大きい」。自分では「いいニオイ」と感じていても、周囲の人に不快な思いをさせることがある。また、他人はニオイをまったく感じていないのに、自分だけが「臭い」と気にしてしまうケースも少なくない。

 さらに、ニオイによって頭痛や吐き気といった体調不良を起こしたり、心が病んでしまったりすることもある。ニオイはちょっとした社会問題になっているのだ。

他人に直接「臭い」と言いにくいから厄介

 「スメルハラスメント」、通称「スメハラ」は、ニオイで周囲に不快な思いをさせることだ。歯科研磨機

 ここ数年でスメハラの原因になっているのが、香り付き柔軟仕上げ剤である。国民生活センターの発表では、PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)に寄せられた柔軟仕上げ剤のニオイに関する相談が、2008年度の14件から2012年度では65件と急増している。

 特徴は、相談者自身が柔軟仕上げ剤を使用したわけではない点。隣の家など他人が使用した柔軟仕上げ剤のニオイで相談がどんどん寄せられているのだ。


 国民生活センターが発表した事例の一つが「隣人の洗濯物のにおいがきつ過ぎて頭痛や吐き気があり、窓を開けられなく換気扇も回せない」というもの(参考サイト:国民生活センター「柔軟仕上げ剤のにおいに関する情報提供」)。

评论

此博客中的热门博文

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山