副鼻腔炎と歯痛の関係とは?「歯性上顎洞炎」の特徴と治療法

副鼻腔炎とは、蓄膿症ちくのうしょうとも呼ばれ、風邪かぜやインフルエンザなどによって起きやすい病気です。副鼻腔炎と歯痛の関係について、しっかりと確認しておきましょう。歯科電解研磨機

副鼻腔炎と歯痛の関係

副鼻腔炎の中でも上顎洞に発症したものは、歯痛が起こりやすくなるとされています。これは、上顎洞が上の奥歯に近い位置にあり、歯にも影響をおよぼすためであるようです。虫歯に似た痛みといわれますが、虫歯ではないため、冷たいものを飲んでしみるということはないようです。歯面清掃用ハンドピース


頬骨よりも少し下の鼻の横にあたりに、上顎洞じょうがくどうと呼ばれる空洞があります。上あごの骨の中にある上顎洞は、鼻腔とつながっています。鼻風邪や鼻炎にかかって、上顎洞の中に鼻水が大量に溜まった場合や、腫れた粘膜で.満たされている状態が、副鼻腔炎蓄膿症の一種である上顎洞炎です。上顎洞の底と、上の奥歯の根の先は近い位置にあるため、鼻に強い炎症が起こると、歯にも影響し、歯痛が起こることがあります。

评论

此博客中的热门博文

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯並び悪い人にオススメの虫歯予防法!