骨粗鬆症治療薬クロドロン酸、神経因性疼痛・炎症性疼痛・慢性炎症を改善-岡山大ら

副作用が少ない第一世代ビスホスホネート製剤 エアーコンプレッサー

岡山大学は718日、骨粗鬆症治療薬クロドロン酸によって小胞型ヌクレオチドトランスポーター(VNUT)を阻害することで神経因性疼痛や炎症性疼痛、慢性炎症を改善できることを世界で初めて明らかにしたと発表した。この研究は、同大自然生命科学研究支援センターの加藤百合特任助教ら、松本歯科大学、久留米大学、東北大学、九州大学、東京農業大学、味の素株式会社の共同研究グループによるもの。研究成果は「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」電子版に掲載されている。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー


骨粗鬆症治療薬のひとつであるビスホスホネート製剤は世界中で利用されており、骨疾患の罹患者に対して、複数の鎮痛効果があることが臨床報告されている。同剤は、第一~第三世代まで開発されており、第一世代は骨粗鬆症治療効果が弱いため、副作用も少ない。一方、第二、三世代は骨粗鬆症治療効果が強いため、副作用が問題になることがあった。東北大学の研究グループによる先行研究の結果も、副作用の少ない第一世代の同剤に鎮痛効果があることを示していたが、その作用メカニズムは明らかになっていなかった。

评论

此博客中的热门博文

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山