Oculus RiftのARで歯科治療支援、ソフトバンクとモリタが開発

ソフトバンク傘下のシステム開発企業リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ(東京・港)と、歯科医療機器販売大手のモリタ(大阪府吹田市)は2017年4月中旬までに、ヘッドマウントディスプレー(HMD)によって歯科治療を支援するシステムを開発した歯科用切削研磨セット 。2年後をめどに、歯科大学などにおける教育・研修用途での実用化を目指す。

モリタの森田晴夫代表取締役社長は「当社は、画像診断やCADなどコンピュータを使って歯科医療を革新する取り組みを推進してきた歯科研磨機 。未来を見据えたときに、AR(拡張現実)やMR(Mixed Reality=複合現実)を活用することで、治療の精度を高められると考えた」と話す。
オススメ商品をご覧ください:
http://www.athenadental.jp/category-2189-b0-口腔内照明器.html
  新システムは、仮想空間(画像診断結果)と現実空間(目の前の患者の姿)を複合させるMR技術を活用する。歯科医師は米オキュラスVRのHMD「Oculus Rift cv1」を装着した状態で治療する。
歯科技工用ミニタイプ研磨機
HMDの画面上では、事前に実施したレントゲン写真などの画像診断結果と患者の姿をリアルタイムで重ね合わせて表示する。肉眼では見えない内部の神経などもマーキングして表示される。

 従来は画像と患者の姿を交互に見て、神経の位置を推測しながら治療を進める必要があった。新システムでは、視線を目の前の患者の口内に集中させたまま、神経の位置を正確に把握しながら傷めないように治療を進められる。

関連記事
複合現実で神経や血管みながら歯科治療 ソフトバンク系など

评论

此博客中的热门博文

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山