患者の将来の為に治療方針を曲げない歯科医師

患者に自身の歯を知り、意識してもらう

NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』という番組で、熊谷崇さんという歯科医師の特集をやっていました。
この先生は虫歯で来院された患者さんに対して、すぐに治療を行わずに患部に対しては応急処置で済ませて患者に歯の手入れの方法を徹底指導エアモーターセット 。唾液を採取して、患者の唾液には細菌がどれだけいるのか、虫歯になりやすいかも調べたりして患者さんに『歯に対しての意識』を向上するように取り組んでいました。
真空成型器バキュームアダプターXG-E01
何故このような治療方針なのかというと、虫歯になるような口腔内の環境はとても酷い場合が多く歯石がいっぱいだったり歯垢も沢山。その虫歯になりやすい口腔内の環境のままで治療してもすぐに二次齲蝕になってしまう為でもあるし、患者自身に歯の守るという意識を持っていただけないと予防治療は成功しないと考える為です歯科技工用真空成型器
その為に患部の治療の前に患者に歯の手入れの方法を徹底指導し続けていき、口腔内の環境が良くなってから治療します。

患者さんの将来の為に治療方針を貫く

歯が痛くてすぐに治療して欲しくて来院したのに、口腔内の清掃などばかりで全然治療してくれないので患者さんは不満に思い二度と治療に来なくなる場合も多かったようで、このような治療方針にしてからは赤字経営になることもあったようです歯科技工用真空成型器
しかし『患者さんの将来の為』この方針を曲げずに、患者と向き合い説得し続けて30年以上経った今ではどうにか理解してくれる人が多くなり、この診療所に通う80歳以上の方の歯の残存率も多いし、子どもの8割が20才になっても永久歯に虫歯が1本もできないなど驚くべく成果が出るようになったようです。

患者さんの将来の為とはいえ、赤字経営になってもブレずに自分の信念を貫き続けるこの歯科医師は本当にプロフェッショナルですね。
この方はセミナーも多く開催しており、若手の育成にも力を入れています。この方のような歯科医師がこれからどんどん増えていくと、日本は予防歯科大国になれそうです。 関連記事
虫歯を防ぐ?その意外な果物とは

评论

此博客中的热门博文

虫歯を塞いでしまう画期的歯磨きを日本人(ヤマガシ・カズエ)が発明?

歯科技工士が10年後には消える職業に挙げられる?

歯科診療所所長を逮捕 ホテルで準強制わいせつ疑い、岡山